[ナンパ日記] 11月4日(日) 後編 9声かけ 1TMG 1(半)連れ出し

最悪のアポから開放され、やる気マンマンで声をかける。

#1 (失念)
これからバイトといわれ、離脱。

#2 黒コート&黒ブーツのお姉(画像)
ガンシカ

ガンシカ

#3 白の帽子&白のセーター(画像右)
黒い服を着たおばさん(画像左)が、物件のちょっと後ろを歩いている。「このおばさん邪魔だな。声かけにくい」と思いつつ、声をかける。
二、三トークをした後に、笑いながら後ろの女性が母親であることを物件から知らされる・・・思わず、「すみませんでした!失礼しました!」と叫んでしまう。離脱。
隣ならまだしも、後ろを歩いているから他人かと思ったよ(/ω\)

親子

#4 25~30歳のお姉x2
きれいな格好をしている二人だ。逆3で声かけ。逆3はかつてはスルーしていたが、百に一つの可能性にかけて声をかけている。反応はいいのだが、どこか適当にあしらわれている感もある。離脱。

#5 #4と似た感じのお姉x2
ケ○○○さんとコンビ。そこそこ和むのだが離脱。

#6 赤のコート&黒のフレアスカートのメガネっ娘
行動がゆっくりしている。信号待ちで声かけ。しかし、既婚者だった。これから旦那と会うだって。終始、よく笑う物件だった。

#7 白のコートのお姉
中川翔子に似ている。これから用事があるという。「用事が終わった後に会おうか」と交渉すると、TMGに応じてくれた(※)。

ケ○○○さん、Sさんと別れ、完ソロに突入。

#8 プリーツスカート(モノトーン)のお姉
#7の物件と別れた直後に声かけ。これから飲み会だと。離脱。

#9 ショートパンツ&ニーハイソックスのギャル
倖田來未に似ている。駅内で発見しマークするも、バス停に入られてしまう。しかし、出てきてバスの時刻表を見ている。そして歩き出す。

「うぃっす」
「今日はとても辛いことがあって・・・(←アポのこと)」


話を聞くと、帰宅ではないが、いったん自宅に戻りたいという。しかし、すぐにはバスが来ないため困っていた。「車で送っていこうか」と打診すると、多少のグダはあったものの、交渉成立し、ギャルを車に乗せる。筆者にはもったいないくらいの可愛い子ちゃんだ。

「今日、女の子たちと遊んできたんだけど、ぜんぜんしゃべらない子でさ」
「マジで~!?ありえな~い」

車中では会話のキャッチボールが滞りなく飛び交う。それが普通だけど、それだけなのに清々しかった。あのアポの後だもん。ギャルの自宅に到着し、用事を済ませ、再びギャルを乗せ、駅前まで移動。なんか今日のアポのうっぷんを話したら、満足してしまって、そのまま車から降ろした。ギャルが勤め先のショップを教えてくれたから、会いに行くことは可能ではある。"(半)連れ出し"にしておこう。

20歳

7.5



※ギャルと一緒にいる最中、「用事が終わった」とメールが着信。ギャルと別れた後、電話するがなぜか出ない。帰宅後、メールすると「好きな人がいるんです。ごめんなさい」と返事が来る。
・・・
こういう物件は過去にも何人かいた。ノーグダでTMGしたはいいものの、夜になってメールすると、「彼氏がいるので><」と返事をするパターンである。
・・・
だったらなぜTMGを承諾したのか甚だ不思議だ。
ナンパをされたことがなくて、どうすればいいのかわからず、相手(ナンパ師)の要求に応じてしまったのだろうか。

(-人-)oO(#7の物件もナンパされたことないって言ってたな)
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する