FC2ブログ

ナンパ研究日記

青森・秋田・盛岡で活動する30代・独身(交際中)です。ナンパ(ストナン・店内)や出会い系アプリでセックスできる女を探しています。2007年7月開設。

ナンパ研究日記ってどういうブログ?

12
ストリートナンパやネットナンパをしている人は日常的に初対面の女とデートやセックスをしています。当ブログではナンパの基礎知識や考え方・管理者による活動記録を発信しております。PCMAX 登録無料 お試しポイントで遊べます【広告】定額出会い系ラブサーチ → ラブサーチ評価・体験レポート超小型100円ライター型ビデオカメラ 評価・レビュー【出会い系体験談】の記事についてのお約束ナンパ研究日記で発信している出会い...

【脈あり・脈なし】 返事が遅いと感じる相手は脈の有無など考えずに切ってしまっていいのではありませんか

0
こんにちは。エヌリオ(@nrio63)です。「返事が遅い」これは連絡手段や時代、そして年齢性別を問わず、相手がいるやりとりをしている人たちが常に感じているストレスです。特に男女の出会いに関して言えば、「相手からの返事が遅い。脈(好意・興味)がないのではないだろうか」と気を病んでいる人たちの多いこと。もちろん、そう思うのは至って普通の感情ですし、エヌリオも対象がストナン・ネトナンを問わず、「返事来ねえなあ...

【なぜ】 LINE交換を嫌がる人たちが「教えたくない」と思う理由を考察してみました

0
こんにちは。エヌリオ(@nrio63)です。ストナンにしろ、ネトナンにしろ、そして真面目な出会いを求める婚活にしろ、避けて通ることができない議論のひとつに『LINEを教える or 教えない問題』があります。私たちはLゲすることが目的ではないにしても、Lゲするためにはどうすればいいのか常に意識して活動しているはずです。そして、そう意識する理由はLゲさせてくれない女のほうが多いからではありませんか?「なんで教えてくれな...

店内で声をかけても店員や警備員に注意されるリスクはほとんどありませんよ、という話

0
こんにちは。エヌリオ(@nrio63)です。10年以上、ナンパを趣味にしていて思うのは店内で声をかけることができない人が多いという事実です。店内でのナンパ行為について、エヌリオは得意といえば語弊がありますが、苦手意識はあまりありません。本記事では、ナンパをする人たちの多くが店内での声かけを躊躇してしまう理由と対策について考えます。...

安易なドタキャンをする連中は「約束を直前でキャンセルしてもそれほど悪いことではない」と本気で思っています

2
こんにちは。エヌリオ(@nrio63)です。3月になりました。ことしに入って2件の新規アポを締結させましたが、どちらも前日や当日にキャンセルされています。毎回、ため息が出る瞬間です。最近、直前になってドタキャンをする、あるいはドタキャンを繰り返す人たちの胸の内を知ることができる機会があったので、まとめてみたいと思います。...

【ストナン】 LINE交換できたら最初のメッセージはいつ送るのが最善なのか

0
こんにちは。エヌリオ(@nrio63)です。ナンパに出る回数が減り、自ずとバンゲ(連絡先の交換)する機会も確実に減っているのが現状です。それでもたまにLINEを教えてもらえると多少はうれしい気持ちになりますね。有志と合流した時でも、相棒がバンゲしていると「おー、バンゲしてる、バンゲしてる」と自分の利益になるわけじゃないのにちょっと興奮しながら見ています。未だにね。今回はそんなバンゲ(LINE交換・LG・Lゲ)につい...

【誠実ナンパ】 「すみません」と声をかけたら職務質問された有志の話

0
こんにちは。エヌリオ(@nrio63)です。自分ではなく、人のナンパについて記事にするのは初めてかもしれない。有志の方が聞き捨てならない災難に遭った。ナンパを趣味とする者として体験談を共有したい。...

【美人店員】 接客業で働く女性は男性客から連絡先を渡されることをどう思っているのか

0
こんにちは。エヌリオ(@nrio63)です。「○○にいる店員を好きになってしまった。なんとかしてお近づきになれないものか」 こんな風に思っている人たちは多い。我々、ナンパを趣味としている者はもちろん、一般人でも、さらに言えば性別を問わず人生で一度は考えることではないだろうか。実際、ネットでは連絡先の渡し方・手紙の内容など、店員と仲良くなるための方法を研究している記事が多い。目的(真面目な出会い or ヤリ目)は...

8年ぶりに八戸でナンパしてきた

0
こんにちは。エヌリオ(@nrio63)です。青森県の3大都市である八戸市でナンパした時の声かけ記録。八戸市自体には彼女と年に一回のペースで行っているが、1人で行くのはおそらく8年ぶりではなかろうか。...

キャバクラやスナックで働く女が嫌いな10の理由

9
※ 本記事は水商売で働く人たちを批判する内容です。水商売に肯定的な方・過激な表現が苦手な方は読まないでください。こんにちは。エヌリオ(@nrio63)です。今年のゴールデンウィーク中にバンゲしたキャバ嬢とLINEで口論になり、しばらくの間、ムカムカが収まらなかった。 久しぶりにLINEでケンカ。バンゲした時点で「会えないだろう」と予想して、クセがあるのも分かっていたが、こうも短絡的とは思わなかった。29歳に「いい歳...