[ナンパ日記] 11月10日(土) 5声かけ 1TMG

夕刻、地元駅周辺にて完ソロ

#1 黒のフレアスカート&黒のロングブーツのお姉
服装は筆者のお気に入りなのだが、声をかけて顔を見ると清水ミチコに似ていた。
肌荒れが激しくあまりかわいくない。彼氏グダで離脱。

#2 黒のショートパンツ&黒のロングブーツのお姉
女子高生だったが3年生なのでよしとしよう。これからバイトがあるという。バイト先まで並行トークをしてTMG。ナンパは過去に一回されたことがあると言っていた。工事現場にいそうな格好(=とび職風)の人に。

完全に日が落ち、空が真っ暗になった

#3 派手な格好の中学生x2(画像)
ボディコン(?)みたいな格好と、ミニスカート&ニーハイソックスの二人組が某デパート入口にヒールを脱いでしゃがみこんでいる。夜回り先生だったらまず間違いなく声をかけるであろう風貌だった。顔がよく見えなかったが、ジャージ姿の中学生に手を振っていたりしたので中学生なんだろう。興味本位で声をかけてみる。

するとミニスカの方に「前に声かけたことあるよね?」と言われる。あー、そう言われれば・・・

筆者は人の名前や顔を覚えることには自信がある。そのため以前声をかけたことがある人に、再び声をかけることはいままで一回しかなかった(その時も顔がよく見えなかった。見えていたら声をかける前に気が付いたはず)。確かに何日か前に、ミニスカ(その時はB系だったが)が駅入口にしゃがみこんでいる時にナンパしたことがある。その時は相手が15歳だったので二、三話して離脱したのだが、自分が気付く前に相手から指摘されるとは不覚である。

それでもトークを続ける。ミニスカの方は興味がないのか無愛想に携帯をいじっているが、ボディコンの方はよく話しかけてくる。無論、相手は14歳と15歳(中学3年)なので何もできないが。それに何もしなくて正解だった。

これから30kmほど離れた場所で飲み会をやるという(お前たち未成年だろ)。しかしアシが無いと。

筆者:「君たち、自転車じゃないの?」
ボディコン:「違う~」
筆者:「電車は?」
ボディコン:「金欠で」
筆者:「もしかしてヒッチハイク中か」
ボディコン:「ううん」
筆者:「送ってくれる人がいるんだ?」
ボディコン:「いるっちゃいるんだけど。条件付でね」
筆者:「条件付?」
ボディコン:「『フェラしろ』とか」
筆者:「マジで?」

なんでもそういう"アシ"となる男が20人はいるという。友達づてに知り合ったらしい。
彼女たちはずっと携帯をいじっていたが、そのアシとなる男たちに連絡を取っている(交渉している)最中だった。「(送ってくれる)相手見つかったから」の言葉を最後に別れる。

まさにヤサグレである。

ヤサグレ中学生


#4 スト高なお姉様x2
CanCamに出てきそうな物件だ。逆3という暴挙(?)に出る。笑顔で数分並行トークしたのだが離脱。逆3は疲れる。

#5 グレーのコート&黒のロングブーツのお姉
バス停で声をかける。しかし相手は目を点にして少しでも筆者と距離をとろうと後ずさりしていた。離脱。
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

コメント

突然のコメント失礼いたします。
初めまして、私のナンパブログを書いているナンパ師大山と申します。

もし、宜しければ相互リンクお願いできないでしょうか?

私のブログはこちらです。
http://www.nanpa10.com/

検討宜しくお願いいたします。
宜しければブログにコメントいただけるとうれしいです。

2007/12/03 (Mon) 17:17 | ナンパ師大山 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する