[ナンパ日記] 11月7日(水) 4声かけ 1連れ出し

地元駅にて

#1 (失念)
平行トーク→離脱というお決まりのパターン

#2 黒ジャケット&黒ブーツのオネギャル
駅内のベンチで携帯電話をいじりながら座っている。声をかけつつ隣に座る。ユニークな物件だった。
直線距離で700km離れている某大都市から、友人の運転する車で温泉めぐりの最中だという。
しかし旅の道中、その友人とケンカし、(声をかけた駅付近で)車から降りてしまった、と。
携帯電話をいじっていたのはバスや電車などの交通手段を検索したり、地元の友達に連絡していたらしい。

筆者が「友達まだ近くにいるんでしょ?謝って戻ってきてもらったら?」と提案するも、「ヤダ」と意固地になる。ルックスはモデルのように秀でているのに、(彼女も自覚していたが)短気な性格のようだ。「『アンタの車になんか乗ってられない!』と別れたところで、その後どうやって帰ればいいのか」と考えなかったのだろうか。普段とは異なるタイプの物件なので、珍しさもあってそのままベンチで長いこと話し込み、連れ出しを交渉するのをすっかり忘れていた。

さすがに筆者の車に彼女を乗せ、彼女の地元まで送ることはできない。距離がありすぎる。バスの乗り方を説明するのが限界だった。しばらくすると彼女が、「(別の)友達から電話がかかってきたんで失礼します。ありがとうございました」と言い残し、駅内の隅っこに行ってしまう。

彼女は「知らない土地で帰るアシが無い」状態なので、あわよくば即を狙おうと考え、とりあえずどこかに連れ出そうと目論む。しかし、彼女の電話が終わった後に連れ出しを交渉するも、「迎えの友達がすぐそこまで来ている」といわれる・・・???

写真撮影(画像)だけして別れる。
遠距離オネギャル


#3 茶ブーツの推定30代
書店内で声かけ。長時間店内にいるので暇つぶしor待ち合わせだろう。案の定、旦那と待ち合わせだった。いわゆる店ナンは普段やらないため、挙動不審になっているのが自覚できた。

#4 ミニスカート&ミュールのちょいギャル
駅内のベンチに座っている。#2の物件と同様に声をかけつつ隣に座る。
生脚にミュールという季節感のない格好だが、そのことを言及すると「お店ではこれしか履けないから」と。彼女はキャバ嬢で送迎の車を待っている最中だったがドタキャンされ、他の人物に迎えを頼んだという。迎えが来るまで数十分あったため、しばらくベンチで話し込む。そして某ドーナツ屋へ連れ出す。TMGしてバイバイ。キャバ嬢からのTMGは意味があるのか筆者にはよく分からないけど。

18歳

6.5
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

コメント

初めまして、まさるといいます。会長さんのブログからきました。

自分は実家がM城県のS台市で、そのうち実家に帰ったらナンパしようかな、とも思うのですが、エヌリオさんは、何県をホームにしているでしょうか?

また、自分なりに考えてみたのですが、やっぱり東北でM城県以外で、ナンパしようと思ったら、県庁所在地の駅周辺じゃないと無理ですか?

長文ですみません。

2007/11/30 (Fri) 17:05 | まさる #- | URL | 編集
質問の回答

まさるさん、アクセスありがとうございます。

筆者は東北のてっぺんで活動しています。

筆者も「こんなクソ田舎でナンパなんかできっかよ!ヽ(`Д´)ノ」と嘆いていた時期もありました。しかし県庁所在地の駅周辺でなくてもナンパはできます。ただ、「一日○十人に声かけ」とか「一日○即」とかはまず不可能ではないかと思います。人口が少ないゆえに物件も少ないですからね。ナンパしてる男も少ない(=ナンパ経験がある女も少ない)ので、ガンシカが少ないのが救いでしょうか(・ω・)

2007/12/01 (Sat) 16:06 | エヌリオ #DaOJ6y9I | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する