ハイエナナンパという名の便乗ナンパ

2ちゃんねるやナンパブログで時々見かけるキーワードなのに、「ハイエナナンパ」でググっても3件しか引っかからないんですね。今回はハイエナナンパのお話です。

ハイエナナンパというのは、他のナンパ師、キャッチ、スカウト、勧誘(以下、同業者と略す)が声をかけ、足を止めている人がいたら、別れるまで待ってナンパするという手口(?)です。同業者の話を聞いているということは、急いでいるわけがありません。そして、"(誘いに)引っかかりやすい"といえます。

私は以前、イベントで街頭アンケートをしたことがあります。ナンパと同じく、声をかけても「さっき書きましたので」とか「ごめんなさ~い」とか言われて、断られるほうが圧倒的に多かったです。しかし、他のアンケーターがアンケートを取っている人に、別れたあと声をかけると、すんなり承諾してくれました。

アングラの世界でも似たようなことが行われています。振り込め詐欺に引っかかった人は騙されやすいということで、他の振り込め詐欺グループにも情報が流れます。一度でも裏ビデオやアダルトグッズを購入すると、同業他社で情報が共有され、ダイレクトメールが送られてくるみたいですね。怪しげな出会い系サイトも然りです。一時期、悪質訪問販売員が、高額商品を購入した(騙された)家のポストに、同業者に向けた暗号を書いていたと話題になりましたね。

ただ、ハイエナナンパはあくまでひとつの手法に過ぎません。同業者の話を聞いているから、自分の話も聞いてくれるだろうと考えるのは早合点でしょう。同業者の技術が秀でているから足を止めているだけなのかもしれないし。

私もやったことありますよ、ハイエナナンパ。勧誘(とアンケート)のお姉さんが相手にしているスト高のお姉にね。離れたところで待ち続け、別れた後にナンパしたけど、こちらを一切見ないで、無表情で、「帰るんで」とひとこと言い残し、自転車に乗りましたけど、なにか?
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する