アポの成否は声かけの時点でほぼ決まる

ナンパの定説として、「アポの成否は声かけの時点でほぼ決まる」と言われています。つまり、「帰宅してから電話やメールを巧みに使って誘おう」と思わないほうがいいということです。「TMはあくまで“連絡用”であって、“誘う”手段ではない」と考えればいいでしょう。

理想は「声かけの時点でアポの予定を決めてしまう」ことに尽きます。1~2分、話してTMGして別れてしまうと、いくら面識のある人物でもその後のプロセスはネットナンパと大して変わらない気がします。時間が経てば経つほど物件は自分の印象を忘れ、帰宅するころには冷静になって放流されるかもしれません。

出会い系サイトでネットナンパしている人は、「とりあえずメールアドレスを聞いて、後から本気を出して誘おう」としているかもしれません。それはそれでも構わないと思います。

つい最近まで私は、「とりあえずTMG」という姿勢で声をかけていました。しかし、まるでアポが取れないので今では、「連れ出しできなくても、最低5分は話してからTMGする」ことを目標にしています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する