FC2ブログ

【美人店員】 接客業で働く女性は男性客から連絡先を渡されることをどう思っているのか

エヌリオ

【美人店員】 接客業で働く女性は男性客から連絡先を渡されることをどう思っているのか


「○○にいる店員を好きになってしまった。なんとかしてお近づきになれないものか」




こんな風に思っている人たちは多い。


我々、ナンパを趣味としている者はもちろん、一般人でも、さらに言えば性別を問わず人生で一度は考えることではないだろうか。


実際、ネットでは連絡先の渡し方・手紙の内容など、店員と仲良くなるための方法を研究している記事が多い。


目的(真面目な出会い or ヤリ目)は異なるが、僕もかつては各種店舗の女性店員に手紙を渡しまくる、『手紙ナンパ』を実行し、記事にしたことがある。


結果は、「ストナンと比べて旨味があるわけではない」という振るわないものだったが、徒労に終わる実験でもなかった。


関連記事を参照

拝啓、美人店員さま


美人店員は連絡先を渡されたらどうするのか


僕はなぜか接客業、いわゆるお店で働く店員をゲットすることが多い。


ゲットするとまでは行かなくても、店員とのアポがあったら「客からアプローチされたらどうするのか」を必ず聞いている。


本記事では既セクの3名の女性を例に、接客業で働く女性たちは客から連絡先を渡された時、どう思っているのか、その胸の内をまとめていきたい。


なお、結論から言えば、「うまく行くとは思わないほうがいい」。意中の女性店員と親密になりたいと思っている人には申し訳ないが、実際に連絡先を渡すのなら運試しのつもりで実行してもらいたい。


事例1:携帯電話販売員の場合(ドコモショップのお姉さん)


連絡先を渡す行為について


初めて見る客でも恐怖心はない。売り場の責任者に見つからなければ受け取る。言い換えれば、他の店員に見つからないように渡すのが望ましい。


渡されたらどうするのか


相手がイケメンであれば連絡する。


エヌリオの見解


ケツの穴を舐めてくるようなセックスを好む女(人妻)らしい回答だろうか。


返信の有無は渡す人のスペック次第だが、とりあえず連絡先を受け取ることは確実である。


事例2:靴屋の店員(イオンモール勤務)


連絡先を渡す行為について


原則、受け取らない。コンプライアンス違反というわけではないが、あまり興味がなさそうだ。


渡されたらどうするのか


上記の回答に照らせばゴミ箱行きだろう。


実際、高齢の男性客から連絡先を受け取ったことがあるらしいが、もちろん返事はしなかったと。


その客もしつこくて、一度では諦めきれずに二度、三度と連絡先を渡してきたという。


そして、その再チャレンジしてきた理由も「返事が来ないのが気になった。もしかしたら連絡先を書き間違えたかもしれないから改めて渡しに来た」と、かなり無理がある。


エヌリオの見解


事例1のドコモショップ店員と比べれば淫乱具合は普通の女である。


出会いに興味はあるが、客からのアプローチ(客との出会い)には興味のないクチだと思われる。そういう店員にはどれだけ知恵を絞っても難しそうだ。


そして、あえて言及するまでもないが、同じ店員に3回アタックするのはやりすぎ。下手をしたらストーカー規制法に引っかかり、世間から奇異の視線を向けられることだろう。


事例3:エステティシャン(メンズエステ)


連絡先を渡す行為について


原則、受け取らないし、コンプライアンス違反になるとのこと。


お礼の品等の物品は受け取ることがあるが、個人的な連絡先はすべて断っているらしい。


手紙じゃなくてもアプローチ全般が禁止で、デートに誘われることもあるが、やはりすべて断っていると。


なお、コンプライアンス云々だからではなく、個人的にもその手のナンパには興味がなさそうである。


渡されたらどうするのか


受け取ったことがないので答えようがないだろう。


ただ、業務中ではなく、見ず知らずの人から手紙を渡された時は怖かったと話していた。


エヌリオの見解


なんの癖もない清楚な女性である。


ナンパには心身ともに身を委ねたわけだが、客からのアプローチには興味がない。


スマホや靴など、その場限りの物を売る仕事ではなく、継続的かつ、献身的なサービスを提供する仕事だからか好意を寄せる男性は多いらしい。


世間の認識はおおむね合っている


一般論では店員に連絡先を渡す行為について、あまりいいことは書かれていない。



  • 「いきなり渡すのはNG」

  • 「まずは顔を覚えてもらい、挨拶を交わし、世間話ができるくらいになってから」

  • 「店員からしたらまずは怖い」


どれも分からないではない意見である。


実際、3番目に登場したエステティシャンも「やっぱり恐怖心がある。だけど顔見知りになって、ある程度会話ができる関係だったら・・・」と話していた。


手紙の文面を熟慮することに意味はあるのか


ところで、少しでも返信率を高めようと手紙の内容を考察している人たちも多いが、意味があるのかちょっと疑問である。


連絡先を渡す行為に否定的な店員にどれだけ推敲した文章を読ませようと、やはり、"知らない男性からもらった手紙"という強いハードルを乗り越えるのは難しいのではないだろうか。


完全に僕の想像だが、返事をくれる属性の店員だったらメモ書き程度でも返事は来る。


裏モノJAPANの『拝啓、美人店員』で採用されている文面だって特に奇をてらった内容ではない。


このあたりの考え方はストナンでの会話と同じ。どれだけ口がうまいスト師でも失敗のほうが多いし、ナンパを肯定している女に当たれば普通の会話でも成功する。


手紙ナンパの成功の有無はどんな文面ではなく、どんな人に渡すか、というのが現状での僕の感触だ。


さいごに


気になる女性店員と仲良くなりたいと思っている人たちには希望をブチ壊す記事になってしまった。


ただ、失敗する可能性のほうが圧倒的に高いものの、渡すことを否定はしない。


「一発ヤレればいい」とかではなく、本当に気になっているのなら、その時は裏モノJAPANのように無差別的に渡すのではなく、最低限、会話ができるくらいになってから渡すべき。


心理学者の植木理恵先生の著書である、『婚活の傾向と対策』にヒントになる方法が書かれている。



  • 気になる受付の女性に声をかけたい(P.97)

  • 気になる女性に手紙を渡し、自爆した気分(P.106)


一見の客ならまだしも、常連客から渡されたラブレターなら(返事が来るかどうかは別として)きっと悪い気はしないと信じている。


関連記事
Posted byエヌリオ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply