自分の声かけを『棚卸し』すると役に立つかもしれない

声かけを『棚卸し』すると役に立つかもしれない

いつも見ていただいて、ありがとうございます。

近年、自分のナンパに衰えを感じてきている。

ストに出ていないのなら結果が出なくて当然だけど、ちょこちょこ出ているのにも関わらず結果が出ていないのは自分の声かけに改善の余地がある可能性がある。

加齢とともに女性の反応も悪くなるのは当たり前のことなんだけど、自分のナンパをデータ化することにより、『なんか結果が出てない』ではなく、『どれほど結果が出てない』のか客観視できるかもしれない。

6月の月間ナンパ状況を調べてみた。

とりあえず声かけ数だよね

まずは基本的なことだけど何人に声をかけたのか数えてみたい。

ちなみにだけど、声かけ数をカウントしているプレイヤーさんとそうでないプレイヤーさんがいるけど、カウントの必要性についての議論は別の次元なのでここでは触れない。

声かけの現場をイメージするため、昼 or 夜と店内 or 路上を付け加えている(店内は駐車場も含む)。バンゲしたのが赤字。

6/1(平日)
夜・店内 x1

6/4(休日)
夜・路上 x1

6/7(平日)
夜・店内 x1

6/10(平日)
夜・路上 x16

6/11(休日)
昼・店内 x4
夜・店内 x1
夜・路上 x4

6/12(休日)
夜・路上 x1
夜・店内 x2

6/21(平日)
昼・路上 x1

6/22(平日)
昼・路上 x1
昼・店内 x1
夜・路上 x1


いわゆる『バンゲ率』はいかほど?

35人に声かけて、4人からバンゲしている。バンゲ率は1割強だ。

バンゲ率は3割あれば大したものと思ってるが、1割という数字は考えものだと思う。

10日のボウズが効いているかな。久々の10人超えだったが誰からも相手にされない夜だった。

ところで、さっきの話と重なる部分があるけど、「連れ出しを考慮してのバンゲか」とか死に番の問題も絡んでくるが、それも論点がややこしくなるから無視する。ここでは純粋に、連絡先を交換できた割合で考えたい。

どれくらいの時間がかかったか

今まであまり気にすることがなかった要素だけど、『ストに出ていた時間』を意識するようになった。

ナンパは労働ではなく、あくまで趣味だけど、誰一人歩いていない街中を何時間もブラブラしていることに疑問を感じることがあるんだよね。

例えばあるスト師が頑張りに頑張って、月間50時間かけて女の子を探してナンパに注力しゲットできなかったとしたら、その時間を副業にでも充てて稼いだ金で本番付きのデリヘルにでも行ったほうが確実にセックスはできる。セックスにかかる時間と労力を金で買うわけだ。

6月のナンパ活動にかかった時間はおおよそ18時間(現場への行き帰りも含む)。たまたま買い物中に起きた声かけとかは時間に含めてないけど、時給1,000円の副業がもしもあったとして18,000円。風俗で遊ぶとしたらギリ間に合うのかな。

もちろん、だいたいのスト師にとってはナンパという行為は労力とは思ってないと思うけど、そういう考え方もできるよね。
関連記事
Theme: ナンパ | Genre: 恋愛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する