【出会い系体験談】 自称デブに会うフリをされる(イククル)

【出会い系体験談】 自称デブに会うフリをされる(イククル)_02

過去の案件を回想するシリーズの11回目。
今回は出会い系サイトで"会うはず"だった自称デブにおちょくられたエピソードである。

< 案件の概要 >
イククルで釣り上げた介護職員(21)

【イククル公式】出会い系最大級!会員数800万人!恋も遊びもイククルで!

< ファーストコンタクト >
【出会い系体験談】 自称デブに会うフリをされる(イククル)_01
※ イククルからの通知メール

案件からの【メッセージ受信】。
しょっぱなからラインのQRコード付きでアプローチが来たので、やる気があると思った。

< アポ破綻までのやりとり >
・最初のラインからアポ打診まで:13通目(ライン交換当日)
・最初のラインからアポ破綻まで:4日
・案件からの最初の疑問文:14通目

エヌリオ:嫌いなものある?
デブ:ピラフ!笑
エヌリオ:僕もピラフは食えるけど苦手かな
デブ:炒飯は好きです!わら
エヌリオ:炒飯の好みは一緒だ。僕と食べに行ってくれる?
デブ:行きますよ!むしろ一緒に行ってくれるんですか?笑
エヌリオ:どんな方なのか会ってみたいよ


会うことには同意。
文面を見る限り、「会う気はないけどノリ悪いと思われたくないから・・・」とかいう意図は感じない。僕の主観では。
だが、デブはそうは思っていなかったようだ。

< アポ破綻の経緯 >
【出会い系体験談】 自称デブに会うフリをされる(イククル)_03
※ ラインのやりとり #1

【出会い系体験談】 自称デブに会うフリをされる(イククル)_04
※ ラインのやりとり #2

シフト(休み)が決まったら連絡するという約束なのに音沙汰がない。

返事がないままダメ元で追撃のラインを送ってみたら予想だにしない返事が来た。

どうやらかなりのデブらしい。

デブとかデブじゃないとか、そういう主観的な話をされても困るんだけど、デブの卑屈さにムカついて会う気がなくなった。

< 会うフリをされて >
ワクワクメールでドタキャンされた記事でも触れたが、出会い系体験談では原則会えた時だけブログ記事にしている。

だが今回は『こんな迷惑なユーザーもいる』という後学のために公開した。

「デートに誘われたけど会うのはちょっと・・・」
「断り方が分からないから一応同調だけしておこう」
「そのほうが角が立たないよね」
「面倒になったら無視か適当な理由でも付けて断ろう」


↑ デブがこんな風に思っていたとしたら憎たらしい。
気が変わったとしても自己中心的な断り方には変わらない。

ふだん、案件の非礼な言動に対して淡々と対応している僕だが、このデブばかりは罵詈雑言のラインを飛ばし、感情的になってしまった。「何が悪い」という言い種が許せなかった。

出会い系利用者の辞書に【背徳感】という言葉はそうないと思うけど、断るにしても最低限の礼儀があるだろう。

↓↓↓ 今回のエピソードで利用した出会い系サイト ↓↓↓
イククル・バナー
【イククル公式】出会い系最大級!会員数800万人!恋も遊びもイククルで!

2016年3月2日(水)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する