老女のフェラチオ

老女のフェラチオ_01

自分の母親ぐらいの女にフェラチオさせたエログロなエピソード。閲覧注意かもしれない。

後ろ姿と顔が違いすぎる

会社から帰って着替えて20:00からスト。

百貨店の出待ちでは案件がいなかったので駅前に移動。

駅前への移動中、顔こそ見えなかったが、ワンピースのソロがいたのでハザードを出して運転席から声をかけてみた。

女がこちらに顔を向けた瞬間、「やべっ!」と緊張が走った。

女優の倍賞美津子のような顔中しわだらけの老女だった。

老女のフェラチオ_02
薄暗いところで見るとオバケみたいな顔である。車内のマップランプの照度ではほとんど写っていないのが恐縮だが、顔の雰囲気はお分かりいただけるだろう。

・・・

車から声をかけるナンパに応じる老女

老女が乗るか乗るまいか悩んでいる様子だったら発進するところなんだが、乗る気マンマンだったので助手席へ誘導した(こういうところが僕はお人好しである)。

老女の目的地が駅だったので、本当に送り届けるだけで終わらせようとしたのだが、駅についても老女はなかなか車から降りようとしない。

停車しながら老女はどうでもいい自分語りを始めてきた。これが可食の女だったらシメシメと思うところだが、老女の容姿では1ミリも勃起できない。

自分語りの中で胸がCカップあるという話になって、興味本位で触ってみたら「やめてください!」とは言うものの、本気で嫌がっているわけではないのはすぐわかった。

僕の奇特な"やってみよう"精神

はやく車から降りてくれ、と思いながら僕に変態的な好奇心が生まれてきた。

かなりの年増ブサイクデブであってもゲットしてきた僕だが、さすがに老女とのセックスはできない。

だが、手コキやフェラくらいならまだ我慢できる。

この老女はついさっき会った男の性的欲求をどこまで飲むのか実験してみた。

人通りのそこそこある駅前で行うわけにいかないので、ちょっと離れた駐車場の隅っこへ移動。

結果、手コキは口先だけで実行、フェラは強めの難色を示したが、乳首をコリコリ触ったらアンアンと感じ始めて咥えてきた。

ここまでで声かけから約30分。

粘膜を触りたくなかったので、マンコの濡れ具合は確認できなかったが、車内フェラからのカーセックスや自宅へ連れ込んでの即も十分に可能だったはずである。

検証が終わったので駅に戻り、老女には本当に帰ってもらった。

弾丸フェラといえば弾丸フェラ

1声かけ1連れ出し1フェラという普段のストであれば大した結果だが、性的欲求はまったく満たされていない。

ちなみに、日記には書かなかったが、ちょうど一年前の同じ日に満島ひかり似を60分くらいで即っている。毎年6月中旬は僕のナンパ運が突出して上がるのかもしれない。

余談になるが、結局、老女(独身)の年齢が分からなかった。

会ってる最中、何度も年齢不詳とはぐらかされた。ひょっとしたら60を超えているかもしれない。

30代とか40代に見られることが多いという言動から若くても50代だろう。もっとも、そんな話は勘違いも甚だしい。だれが見ても40代には絶対見えない。

・・・

ツイッターでは更新情報やタイムリーなネタをつぶやいています。
http://twitter.com/nrio63
関連記事
Theme: ナンパ | Genre: 恋愛

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014/10/19 (Sun) 19:12 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する