(画像) 春の仙台ナンパ

34回目のナンパ研究会東北支部オフ会の日。3月25日の出撃からこの日までのほぼ一ヶ月間はゼロ声かけ、ゼロ出撃。本当にナンパをしなくなりました。今回のメンバーは下記の通り(一覧)。

・ エヌリオ
・ 英三郎
・ リーフ
・ 田中
・ ピカチュウ
・ トシオ
・ トキサダ
・ たかのり
・ 天龍

※ 敬称略
※ 赤字は初参加
※ オフ会後の合流含む

予定の18:00から30分遅らせてスタート。毎回東口パーキングの周辺で足止めを喰らってしまう。僕が会長になってからのオフ会で定刻通りにスタートできたことはないんじゃなかろうか。タイムマネージメント能力が欠如している。

いつもどおりナンパの情報交換をして20:30からナンパ開始。一ヶ月間、ナンパをお休みしていたけどストレスもなく普通に声かけできた。

手マン

5人目で社会人(19)を車連れ出し。即れるかと思ったが手マンまで。所要時間20分(画像1)。

(ナンパ画像) 手マンした女

37歳独身

7人目で報道業(37)をカラオケ連れ出し。ガードが堅くてハグまで。カラオケ代をおごってくれたのが幸せ。

深夜1:30、田中さん・英三郎さん・トキサダさん・天龍さん・たかのりさんらと駅で反省会をして解散。僕は多少余力が残っていたのでソロで深夜ナンパ続行。ところが、深夜2:00を過ぎると人の通りが極端に悪くなった。ドンキホーテ(画像2)と繁華街の間をウロウロして一時間でゼロ声かけ。さすがに疲れてきた。

(ナンパ画像) ドンキホーテ

11人目に声かけた女に(この日初めて)ガンシカされたけど、ガンシカというより弱々しくなった僕の声が聞こえてなかっただけかもしれない。

食い逃げ女

早朝4:00、12人目でほろ酔いのアパレル店員(23)を居酒屋連れ出し(画像3)。今思えば女の求めるまま居酒屋に入ったことが悔やまれる。普段だったら居酒屋は絶対連れ出しに使わない場所なのに。疲労による集中力の低下はとんだ判断ミスを引き起こす。

(ナンパ画像) 食い逃げ女

このアパレル店員が奇妙な女で同じ事を何回も聞いてくる。おちょくってるのか分からないがイライラ(「なんで仙台に来たんですか」は7回聞かれた)。連れ出したことを後悔しつつ、居酒屋の閉店時間になったのでお会計。

僕がまず二人分を払って、アパレル店員の分をもらおうとしたらトイレに行こうとしたので静止するも、アパレル店員は聞かない(YouTube音声)。怪しいと思って後を付けたらトイレを素通りして店の外へ。急いで追いかけたが逃げられてしまった。

お互いが外へ出るまでのタイムラグは10秒程度。身長150センチの女が走ったところで、たかが知れているからどこかの路地にでも入られたか。おかしな女だとは思っていたけど、やっぱりおかしかった。金銭的には少ないけど、心理的ダメージが大きい。



「おごられて当たり前と思う女は死ねばいい」

大きなストレスを受けた時には誰かに話してしまえば軽減される。始発待ちのガールズバー店員に声をかけて食い逃げの話を聞いてもらった。ガールズバー店員から「おごられて当たり前って思ってる女性は死ねばいいと思いますよ」などと同情された時には心に染みた(YouTube音声)。

柳原可奈子のような太めな子だったけど、あの子はきっと幸せになれる。



2012年4月29日(日)
関連記事
Theme: ナンパ | Genre: 恋愛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する