ナンパを録音するといろんな発見がある

ちらほらと実践している人がいますよね。ナンパの録音。ナンパを録音すると何かと役に立ちますよ。私の場合、当初は自分のナンパを後で聞くことによって、ダメだしすることが目的でした。しかし今では、何人に声をかけたかを数えるカウンター、そして、何時に声をかけたかを記録するタイムスタンプとして録音しています。今でも後で聞いてみると、ボソボソしゃべっていたり、声が震えていたり、第一声が小さかったりしてます(ノ∀`)

ナンパを録音する意味についてはこれくらいにしておきましょう。それより、どうやって録音するかについて解説(?)します。

私は携帯電話のボイスレコーダ機能を使っています。ボタンを長押しするだけで起動しますし、閉じたままでも録音できます。カメラ機能のようなシャッター音もありません。録音した時間もファイル名として記録されます。そして、最大のメリットは「手に持っていても不自然じゃない」点でしょう。

あとはICレコーダ、マイク付きのデジカメが使えると思います。手に持つとやや怪しいので、胸ポケットに入れたり、腰に付けたり、タバコの箱に入れたりしましょう。ビデオカメラやテープレコーダはちょっと本体が大きいのが弱点だなあ。

録音がメインではないので、これ以上やる人はいないと思いますけど、テレビのリポーターのように胸元にピンマイク、腰にトランスミッター(送信機)を付けて、仲間の持つレシーバー(受信機)に音声を電波で飛ばす方法もあります。実際、スカウトやキャッチの人たちはこの方法で、どういうトークをしているのか、上の人間が離れたところで聞いているそうです。あとは指向性マイク(ガンマイク)を使って・・・

探偵さんが使うアングラな技術に熱中していた時期があったんで↑こんなこと知ってるんですよね(^ω^;)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する