地方ナンパ師に標準語はナンセンスか

私はクソ田舎で活動しているナンパ師ですが、言葉は東京です。意識しているわけではないけど、いつしか標準語を話すようになり、○○弁とか訛るのが苦手です。私のナンパが失敗する一因はこの標準語ではないかという可能性が出てきました↓というより指摘されました。

地方で標準語でナンパすることで、言葉が違うという「言葉の壁」を作っているみたいなんですよね。ナンパとは関係ない女性の話だけど、標準語を使われると「あたし、標準語で話せないし、どうしよう・・・」って戸惑う人もいるみたいです(+o+)

・・・つっても、どうすりゃいいんだよう!先輩ナンパ師と合流して、訛りトークを聞いた後だったら、感覚をつかんで(?)少しは訛れるんだけどな><

「言葉が違う」
「標準語はなしてる(◎Д◎)」
「こっちの人じゃないでしょ?」
「どちらの出身?」

↑これ、何回、言われたかわからんな。「地元を離れていたから、標準語"も"話す」人ならまだしも、僕はそうじゃないからなあ・・・orz
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する