声をかけるだけがナンパじゃない

この世に存在する全てのナンパ本、ナンパサイトを読み尽くしたわけではありませんけど、ナンパマニュアルは総じて、"声のかけ方"に重きを置いています。声をかけることが最初の行動ですから当然といえば当然です。

ただ、声をかけることはナンパにおいて、プロセスのひとつに過ぎません。起承転結でいえば、声をかけることが「起」になり、セックスが「結」になると思います。声をかけてからセックスに至るまでには「承」と「転」というプロセスを経ないといけません。野球に例えれば、野球は球を打つだけでは得点を得ることは出来ません。球を打ったら塁に出ます。塁に出たらリードを取ります。そして最後にホームベースへタッチすることにより、得点を得ます。

いくら髪型、服装、トーク、場所、時間帯を極め、声をかけたとしても、TMGや連れ出しができる"だけ"ではないでしょうか。TMGしてからのアポの取り方、連れ出ししてからのギラつき方を心得ていないと、「打球は出来るけど走塁が出来ないバッター」になってしまいます。

ナンパのコミュニティーでは盲目的に声のかけ方が議論されている気がしますが、声をかけることは知り合うきっかけを作っているに過ぎません。その先の展開を熟知していないとGETすることは出来ないのです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する