相手の意見を否定しない

「相手の話を聞く時は『いや』と『でも』を使うな」

↑これは昔、営業経験豊富な御仁から耳にタコが出来るほど聞かされた言葉です。「自分の意見を否定されて気持ちのいい人は少ない。だから相手の話を聞く時は基本的に同意の姿勢をとるものだ」と。

前にも言及しましたが、人間は"自分と同じ人物"に親近感を覚えます。自分が何か言うたびに、「でも」とか言って跳ね返してくる人は一緒にいて疲れるものです。

私は相手の意見が自分と違う場合、まず、「そうだよね」と同意の意思表示をし、状況に応じて、「その一方で、○○(自分の意見)でもあるよね」と言う時があります。

結果を出しているナンパ師ほど、同性に対してもトークがナチュラルというか上手なんですよね。「一緒にいて楽しい」とか「また会いたい(合流したい)」と思わせてくれます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する