田舎で連続即マンの可能性

先日の記事、一日に数人を即マンする人たちに補足したいと思います。

ナンパ研究日記は全国各地からアクセスをいただいています。ナンパってなんとなく都会で行われている観念がありますが、管理者を含めて田舎でナンパしている人もいます。ちなみに、田舎の基準としては人口もありますが、私見では地下鉄の有無が目安になると考えています(県庁所在地だからといって都会とは限らない)。管理者の戦場には地下鉄はありません。

さて、話を戻します。カリスマナンパ師たちの結果を管理者は信じます。ただ、彼らが田舎でナンパして、同じ結果が出せるのかといえば未知数だと思います。田舎は女の子の絶対数が全然少ない。彼らは東京や大阪で活動しているらしいですが、極端な話、人口が5万人に満たない市部でやったとして、即マンを連続させることが果たしてできるのか。一即はできると思いますがね。

ちなみに、この記事では『田舎で連続即の可能性』を述べているだけで、「田舎ではナンパできない」と言いたいわけではありません。田舎でもナンパはできますし、田舎特有のメリットもあります。

ところで、田舎でカリスマナンパ師たちのオラオラトークを真似すると、「え?なになに?何が起こったの?」って顔されますねえ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する