ナンパは明るいところでしよう

私はナンパは基本的に昼間に行っています。夜は家でのんびりしたいという性格もありますが、夜に行うナンパには否定的な立場をとっています。理由は「警戒されやすい」のと「人が少ない」が挙げられます。

誰だって見ず知らずの人間から誘われれば警戒します。女性であればなおさらです。世の中も物騒になってきているので女性の警戒心も強くなりつつありそうです。そして、犯罪の多くは「狭く、暗く、人がいない」場所で行われます。声をかけるだけで警戒されるのですから、暗いところではますます警戒されると考えるのが自然です。狭く、街灯がなく、人通りが少ない路地でナンパするなど言語道断です。夜であっても、明るく人がいる繁華街や深夜営業の店舗であれば仕事帰りや暇つぶしの人を狙うことが出来るでしょう。

人の少なさは完全に地域次第でしょうか。都会であれば深夜でも駅や繁華街には人が集まっていますが、地方だとチラホラいる程度です。「夜は会社や学校から帰って家で過ごす」のが一番多い生活パターンだと思うので、夜は人が少ないというのは当然ですよね。人が少ないと物件も少ないわけで活動しにくくなります。

夜はその性格上、即を期待させますが、声をかけにくい部分があります。ハイリスクハイリターンってやつですね。まだ人の流れが残る夕刻に声をかけ、夜にかけて連れ出し、持ち帰るのがベターでしょうか(´・ω・`)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する