[ナンパ日記](画像付) 4月20日(日) 即 看護士

遠征ナンパ一日目の即に失敗した女はスト値が高かった。僕は往生際が悪いところがあるので、地元に帰ってからも電話し、一回は出てくれた。しかし、その後は無視され続け、この日の朝にようやく出た。しかし、「言ってなかったけど彼氏いるんだよね・・・」という言葉で放流される。そういう哀しい想いのままストに出る。



いつもの某駅前へ小遠征。

本日のメンバー:H君

ガンシカされたり好調ではなかったけど、夕方、6人目くらいで買い物帰りのお姉さんを連れ出す。

「荷物が重そうですね」

「これから帰るの?」
「うん」
「何時の電車?」
「駅で(発車時刻)見ないと分からない」
「じゃあ、見に行こう」

「あと数分で電車出る」
「一時間くらい延ばせば?」
「いいよ、今日はフリーだから」
「アイス食べに行こう。駅ビルの中にあるよ」

「(即を考えると密室の方がいいか)やっぱりカラオケで食べよう。すぐそこだから」

初めてカラオケに連れ出す(もちろん歌うことなどしない)。自己紹介&世間話&下ネタ→自然な動作を演じて隣に座る→ボディタッチ→ギラつく。

「彼氏がいるけどそれでもいいの?(=本気にはなれない)」と言われたぐらいで、全てがノーグダ。

Dキス→手マンまでしたところで場所が気になった。カラオケだから声が聞こえる心配はないけど、狭い。真っ暗にしているとはいえ、小窓もついている。どうも落ち着かない(←わがままだな)。数分とはいえ、移動中に女の気が変わらないかと心配しつつも、ラブホテル(画像)でゆっくり即日セックスに成功。

ラブホテル

朝の哀しみを相殺するかのような、実にスムーズな即である。

age 25

6
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する