[ナンパ日記] 4月12日(土) 大遠征2日目 即 事務員

朝、即り損ねた女と別れた後、疲労で重い体を引きずり会長宅へ向かう。半日間、のんびりさせていただいた後、夜からスト開始。

本日のメンバー:会長、ひ○さん、テ○○さん

# 亀の歩みのようにゆっくり歩く女(画像)
足に入れ墨が見えたからアングラな女かと思ったけど、ストッキングの模様だった。十中八九、連れ出せる状況だったけど、スト値が許容範囲を下回っている(33歳)。「今夜、即に失敗して宿に困ったら付き合ってもらおう」と考え、TGに止めておく。

33歳

# 小柄のスト8(!)
会長がカフェに連れ出している時に声かけ。同じカフェに連れ出しを交渉したら、名前が似ている某ビジネスホテルと聞こえたのか、(カメラを持っていたわけでもないのに)AVの撮影と勘違いされる。

# 小倉優子のようなぶりっこ
何かしゃべるたびにニコニコするけど、連れ出しにはなかなか首を縦に振らない。アーケードから駅まで並行トークして、やっとプリクラに連れ出す。しかし、チュープリは撮れずブーメランだけで帰られる。

# ゴスロリ(画像)
連れ出せそうだったけど、17歳・・・。10時を過ぎていたし、警察官もパトロールしていたから退散。

ゴスロリ

# 飲み帰りの二人組
会長とコンビ。ぴたりと足止め→連れ出し。

会長担当:荒川静香似(?)
僕担当:黒髪


酒を買って某公園で飲む(画像)。

公園

隣に座った黒髪とは早い段階で(寒いのもあって)手を握る。そして、会長組がトイレに行って二人きりになった時点で、何も言わずにディープキス。もはや分断さえできれば(=荒川静香がお茶を濁さなければ)、即の"確率変動"が起こるに違いない状況だ。

しかし、"即られたくない"荒川静香が邪魔をする。黒髪も荒川静香を心配してか全くの無抵抗ではなく、分断にはてこずった。がんばって引き離しに成功し、即りやすいと聞かされていたネットカフェBへと向かう。しかし、道に迷って(僕もかなり酔っていた)、前日、即に失敗したネットカフェPの前に来てしまう。やれないわけではないけど、できればここには入りたくない(-へ-;)

「ソファーとベッドのどっちで休みたい?」「任せる」→ラブホテル(画像)へ移動。いらぬ邪魔が入らぬよう念のため、目を盗んで女の携帯の電源を切った。

ラブホテル

金こそかかったものの、広い部屋でのびのびと即日セックスに成功。「写真撮りたいんだけど」の一言でハメ撮りにも応じてくれた(画像)。

ハメ撮り



即までの修羅場をくぐりぬけた疲労でいつの間にか寝てしまっていた。さらに隣にいるはずの女がいない。残されていたのは女の腕時計のみ・・・。しばらく状況が呑み込めなかったけど、「用事があるので先に帰ります。090-・・・」という女からのメモを見つける。電話番号を書き残しているところに、「ワンナイトラブ(一夜限り)では終わらせたくない」という想いが感じられる。ちなみに残されていた腕時計は「再会するための口実」かと思ったけど、本当に忘れただけだった。

age 22

7
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する