(ストリートナンパ) クリスマスナンパ2014

クリスマスの日は仕事が早く終わる日だったので、ナンパに出てみた。早く終わると言っても会社を出て準備して駅前に着いたのは20:00を過ぎたころ。始める時間としては遅いだろう。

気温:マイナス4℃
天気:雪(傘なしでは頭が真っ白になる)

歩きたくなかったので、車で案件を探す方式を採用。カップルやコンビは何組もいるのだが、ソロがいない。

1時間経ってようやく1声かけ。だが、反応が悪くて高校生ゆえにリリース(画像1)。

駅前で並行トーク

駅前に見切りをつけてドラッグストアやスーパーなどの店ナンパに方針転換。

そもそも、降雪時のストリートナンパはやりづらいのである。みんな傘を差しているから顔が見えにくいし、除雪によって歩道に背丈ほどの雪の壁ができるため、人の存在もわかりにくい。以上の理由から、案件の発見が難しくなってしまう。

そして一番のストレスとなるのが、すれ違うのもやっとなほど道幅が狭い(わだち)ので、並行トークが大変なのだ。雪が降っている時期のナンパは寒さ以外にも克服しなければならない障害が多い。

ドラッグストアでは案件が店から出るのを待って声かけ。反応はよかったが彼氏グダだった(画像2)。

ドラッグストアで出待ち

23:00でとりあえず終了。平日・夜・大雪というコンディションのなか、3時間で2人をナンパできたのはまずまずだと思っている。

< 関連記事 >
クリスマスイブナンパ(2010年12月24日)
関連記事
Theme: ナンパ | Genre: 恋愛