(画像) 処女準即

二日前にバンゲした大学生(19)とアポ。アポ前に田中さんと一時間ほど街に出たけどゼロターゲット。暑い日差しが照りつける日曜日の昼間だぞ。オワットル。

アポではシーズンオフのスキー場で夜景を見ながらギラつき、ラブホでゲット。ベッドの上で処女だと告げられ緊張したけど、特に障害にはならず巨乳の体を堪能できた。バストサイズはEカップだと小さくFカップだと大きいらしい。

声かけた時点(画像)でハグやボディタッチして手ごたえのあるバンゲと思えたから、アポ前の精神状態も気持ち楽だった。

(ナンパ画像) ゲットした大学生のバンゲ時の姿

2010年8月29日(日)
関連記事
Theme: ナンパ | Genre: 恋愛

GREEナンパ デブス

ネットナンパはぜんぜんやらなくなったけど、僕の気まぐれで久しぶりにGREEでメールを一斉送信してみた。ひとり直アド交換できる女が見つかり写真交換したけど、スト低でモチベも低下。ただ向こうはアポの誘いには乗ってくるので、とりあえず会う方向に進める。

女の写真(プリクラ)が顔だけしか写ってないので、服装の趣味を聞いたらまるでオシャレに無知なことが判明。スト低に加えて体型も太っていると推測。

直アド交換から14日後にアポ。現れた女は想像通り太っていて、もらった写真よりもスト低に見えた。服装も体のラインが出ないようなカーゴパンツだし。もっとも、どんなにエロい格好をしていてもナンパで声をかけることはないだろう。一時間ほど会って解散。ネットナンパも上手に使えば甘い汁になるのだが。

2010年8月25日(水)
関連記事

(画像) ナン研東北支部 第30回オフ会

30回目という節目を迎えたオフ会だというのに、寝坊して一時間半の大遅刻をしてしまったダメ幹事な僕。夏だからか次々と参加者が増えて、総勢16名もの有志(一覧・敬称略)が集まった。毎回新しいナンパ師と出会えるのは楽しいけど、個人的には北東北のナンパ師にも名乗りを上げてほしい。

・ 会長
・ KC
・ ヒデ
・ トキサダ
・ ひよこ
・ オノダ
・ ルーク
・ ソラ
・ ニャンちゅう
・ M
・ テツヤ
・ AO
・ 朔太郎
・ ダイチ
・ たかのり
・ チル


トキサダさんの週5でストに出るペースはもはや本業が終わった後のアルバイト状態といえる。月に数人ゲットしている人はやはりそれだけ現場に出ている証拠だ。この日トキサダさんが即った女がうらやましすぎる。朔太郎さんの何かに取り憑かれたように逆3する姿は立派で、ヒデさんの初めてのストでバンゲは才能の存在を感じさせる。

僕は30~40人に声かけてゼロ連れ出し。朝方の4:00ごろに会長に指名されたホステスを連れ出しというか、コンビニで酒をおごってもらってビルの階段で乾杯したくらい。路上でキスしてマンコの感触は確かめたけど、こんなの結果とはいえない。

今回のオフ会もゼロゲットで朝を迎えたわけだが当然といえば当然。7月まで真面目にナンパしていなかったのだから。まだまだ努力が足りない。

(ナンパ画像) トキサダさんとコンビ

2010年8月21日(土)
関連記事
Theme: ナンパ | Genre: 恋愛

ドM女を即

サクさんと会った翌日の日曜日は15人に声かけて、うち12人からガンシカやガンシカに近い反応を喰らい、心を痛めた。この日はオフ会の前日なので、準備体操がてらに現場に出たら6人目で連れ出し即できた。黒髪色白で新垣結衣のような顔からは想像できないほどエッチな女だった。僕はSMの趣味はないけど乱暴にされると興奮するドMな女でもあった。どこかヤサグレてる女だから“即れる女”に当たったに過ぎないと思われる。

2010年8月20日(金)
関連記事
Theme: ナンパ | Genre: 恋愛

ネタナンマニア

ネタナンマニアのサクさんが遠征でいらっしゃったので、仕事が終わってから某市で合流させていただいた。田中さんも応援に駆けつけてくれた。19:00に駅前集合。

土曜の日が暮れかけた駅前は僕や田中さんには悪くない人の数に見えたが、サクさんの目にはかなり少なく見えたらしい。地方都市でのナンパのしやすさは単純に人口だけで比べることはできなさそうだ。われわれ地元勢は普段相当過酷な状況でナンパしているといえる。

サクさんの髪型や服装やフットワークの軽さもそうだが、目利きを見習いたい。声をかけた女の反応から一瞬で放流したりトークを持続させている。トークを持続させた女の大半からバンゲしていた。僕は粘れば連れ出すことができた女を一瞬で放流し、どんだけ粘っても連れ出せない女と不毛なトークを続けるという悪循環なナンパをしている節があると思う。

21:00、サクさんがカラオケ即を決めたのはお見事。地元で連れ出し即を目の当たりにしたのは初めてかもしれない。深夜、雨も強くなってきたのでファミレスで休憩。地元勢は即マンなど滅多にできないことだけど、サクさんにしてみれば歯を磨く感覚でこなしているのは間違いない。即系スト師は"連れ出した女を即る"というより"即れる女を連れ出す"という、普通とは逆のアプローチをしていると思った。即れるスト師と即れないスト師は何が違うのか、今後の課題といえる。以下、僕の覚書。

● 水嶋ヒロや向井理や三浦春馬のようなさわやか系のルックスにはならない。そういうさわやか系を好む女にエッチ好きは少ない。

● お兄系、ビジュアル系、ホスト系を好む女はエッチ好きが多い。

● 派手な女はエッチ好きが多い。

● ビジュアル系音楽を好む女はエッチ好きが多い。

● 女にナンパしていることを隠さない。

● ルックスの9割は髪型で決まる。


服装は着替えれば済むとして、髪型はいかんともしがたい。ウィッグの必要性を感じる。ただ、それ以上に今の僕に足りないものはやる気だ。なぜなら今と昔のナンパ成功率はぜんぜん違うけど、ルックスが著しく悪くなったとは思えない。ナンパに夢中だった頃とはやる気が違う。

深夜2:00にサクさんとお別れ。本業のようにナンパをしている人と会うと気持ちがぜんぜん変わる。こういう刺激が日常的にあればいいのだが、スト師人口の減少は痛い。ナンパに向かない土地柄や、それゆえの若い男の子たちのネットナンパのシェア拡大が影響していそうだ。

2010年8月14日(土)
関連記事
Theme: ナンパ | Genre: 恋愛