(動画) Mコミュの援交女

先日のモバゲーナンパ以来、連敗ぶりに心が折れて、3月になるまで何の活動もしなかった。家で会ったSNSぽっちゃりのGREE長身の出会い系不思議ちゃんのモバゲー、その全てにおいてヤリアポをしてみたいがために試行錯誤し、キモメなるものがどんなものか知らないが、サブリミナル効果のようにセックスを連想させるメールをしたつもりだった。ヤリアポとまではいかないものの、それなりにいやらしさは植え付けられたと思う。それでも結果は散々だったから、今の僕にはヤリアポは無理だ。正しいヤリアポの術を心得る必要がある。

さて、出会い系サイトのMコミュには毎日のように援助交際を求める女が書き込みしている。メルナンのスペシャリストのSさんは、援交女に買うフリをして会い、金を払わずセックスしているから、そんなことが本当に出来るのかを検証。

援交女(35)に援助するフリをしてメールを送り、金の話には極力触れずにとりあえず会う方向に。17:00すぎにご対面(動画)。出会い系サイトで集客している援交女は基本デブスだと分かっていたが、会ってみてその通りだと実感した。体臭がひどいとかグロテスクな顔ではないが、こんな女がセックスの対価として万札を求めるなんて狂ってる。狂ってるからやるんだろうけど。



一時間ほど会って解散。一応挿入したけど、僕はこれをゲットとは思っていない。セックスした気分じゃないというか。むろん、金など払っていない。数の内に入れないから、競技で言うところの参考記録だ。

会っている間にも投稿を見た男からのメールが来ていたが、こんな女でも買う男がいるのか。穴さえあれば誰でもいいと思っている人種がいるのは事実だけど。

2010年3月2日(火)
関連記事

(画像) モバゲーナンパ

mixi、GREE、モバゲータウンとSNS御三家をネットナンパに使っているが、モバゲーは自分の中では後発で、最も使いにくいSNSだと思った。生意気な女によく当たる。

この日は19歳の大学生とアポ。アポまでにはけっこう時間がかかってしまった。なぜなら途中でペナルティーを食らってしまい、数日メールが送信できない状態に。露骨に書いたつもりはないけど、プロフィールが出会い目的と判断されたのだと思う。ただ、メールアドレスの伝達はすんなり行えた。モバゲーは運営側の監視が極めて厳しいSNSらしいが、何万通ものサイト内メールの全てを精査するのは難しいのだろう。

待ち合わせ場所を決める段階になって、女がやや遠方に住んでいることが判明。プロフィールは同じ市内だった気がするが、とんだ誤算だ。それでも、顔こそ分からないがミニスカニーハイで来ることや激デブではないことは知らされていたから、小遠征がてらアポに向かった。

夜の早い時間に女とご対面。メールで「ブサイクだから、ブサイクだから」と連呼するものだから、体型はともかく顔は残念なんだろうと思い、恐る恐るアポに向かったけど、実際はごく普通の女の子(画像)。決してブサイクではない。ただ、見た目は普通だがメールの文面が変わっているから不思議ちゃんなのは間違いない。

モバゲーで会った大学生

ずっとアポで連敗中だから、このあたりでゲットしないとナンパ師としての沽券に関わる。ゆえに気合いを入れてがんばったけど、チューもできず軽く乳揉んだだけ。過去の自分のゲットパターンを復習し、集中して臨んだアポだけに完全に意気消沈。だんだんストレスが溜まっていく。

女と別れた後、気分転換に深夜のドンキホーテでナンパ。

1人目 ラパンの車内の二人組。後部座席に乗せてもらい数分おしゃべり。
2人目 ソロだと分かっていた女に店内声かけ。
3人目 暇そうなスウェットに店内声かけ。
4人目 駐車場で逆3。連れがいたので即退散。

地元に戻って繁華街でスト。ちょうど夜職の女たちの仕事が終わる時間帯。

5人目 夜職。一瞬で終了。
6人目 夜職。一瞬で終了。
7人目 夜職。営業されて終了。

帰る途中、深夜営業のスーパーを巡回。

8人目 夜職。数分立ち話。多分30代。

僕とは外見的に合わないからだと思うけど、夜職の女とは本当に縁がないね。深夜ナンパで8声かけもしたのは珍しい。

2010年2月19日(金)
関連記事

(画像) Mコミュで即アポ

18:00ごろ、外出先でMコミュの書き込み(非即アポ希望)にメールしたら間もなく返事が来た。一行メールのみの女で個人的には嫌いなタイプだが、会うことを匂わせたら写真交換を切り出されたので、顔がきちんと見えない写真を送信。女から送られてきた写真(画像)は顔が正面から見えるものだったが、どこかで見た覚えがあった。

多分、去年の夏にmixiで会った女だ。太りすぎゆえに一時間だけ会って放流した。地域コミュニティーによくあるオフ会の幹事を務めている女だが、精神疾患者(メンヘラ)で目がトロンとしているのが特徴だった。送られてきた写真も目が半分寝ている。

Mコミュで即アポした女

好奇心で即アポを打診して待ち合わせ場所へ。この時点ではmixiで会った女だと確信は得られなかったが、乗っている車の車種が一致した。相手が僕に気付いていたか知らないけど、まさか出会い系で再会するとは思わなかった。およそ半年ぶりに女の姿を見たけど、ついさっき送られてきた写真に比べ、顔が明らかに膨らんでいる。女の話によると、メンヘラが常用する薬には太る作用があるらしい。

20分ほど女の車内で会話して解散。彼氏と別れたからMコミュに投稿したという内容の話をね。この日の女は一日中車の中にいたというが、ひたすら男からのメールを待っていたのかもしれない。

2010年2月17日(水)
関連記事

Mコミュ

出会い系の女(24)とアポ。出会い系からは丸一年遠ざかっていたが、ひょんなことから再開した。

SNSナンパ用に携帯サブアドレスが欲しいと思い、XX-MAILに登録したのが再開のきっかけ。そのXX-MAILの姉妹サイトにMコミュという出会い系サイトがあり、年齢認証がしやすくなっていたので登録してみた。年齢認証が必要になってから出会い系を止めたけど、規制直後と違い、免許証のほとんどの項目を隠しても認証できるようになっていて、サイト側に伝わる情報だけで個人の特定は不可能だ。

女たちの投稿を見ると、ブタと売春婦の巣窟といえる。かつてのスタービーチはもっと健全だった気がするが。女性と男性のユーザー比率が大きく偏っているからか、返事もまず来ない。そもそも、まともに会おうとする女がどれほどいるかも疑問だ。1月中旬に始めたから、会ってくれる女が見つかるまでに一ヶ月かかったことになる。

詐欺的な方法だが、カッコいい男の写メを調達し、それを添付してメール。返事をくれた女に別人の写メであることを明かし、それでもメールが途切れない女とやり取りを続け、アポに至った。写真交換はしてないが、メールの内容からドラム缶のような女ではないと思う。

夕方に女とご対面。想像通り、背の高めな普通体型で悪くない。いままで出会い系で会ってきた女は全員即日ゲットだったから、女も多少はそのつもりだろうと踏んでいた。しかし、チューすらできず。なんてこったい。

ゲットできなかったのは残念だが、規制強化で廃れた感のある現在の出会い系でも会えることが実証された。個人的にはそれだけでもいい経験をさせてもらったと思う。

2010年2月16日(火)
関連記事

(画像) GREEナンパ ぽっちゃり

GREEで出会った女(22)とアポ。写メ交換はなし。アポ前夜に2時間ほど電話したのだが、その印象は元ヤサグレだ。

アポの前にドンキホーテで新規のナンパ師さんと合流。ドンキホーテナンパは深夜しかやったことないが、昼間でも声かけに困らないほど人がいるのは意外だった。

店内でAneCan風の二人組(画像)に逆3してブーメラン。その後、ツタヤの店内で1声かけ。ナンパ師の方と別れてアポに向かっている最中にブーメランが返ってきたけど、多分冷やかし&遠方から来ていた女たちだったから放流。

ドンキホーテで逆3した女たち

18:00にGREEの女とご対面(画像)。キャバ嬢に間違えられるというから露出派手目を想像したけど、ふっくらとしたややギャルっぽい子だった。僕は許容範囲だが、スト低と判断する男はいるはず。

GREEで出会ったぽっちゃり

まったり晩飯を食べてアポ終了。思うように和めず、女も微熱があって体調が悪そうだったから、ギラつかず手を繋いだだけ。一応リベンジアポも視野に入れていたのだが、いつの間にかGREEの禁止リストに入れられていて、アクセスできない。実に分かりやすい意思表示だ。全力で攻略したくなる女でもないからいいんだけど。

2010年2月15日(月)
関連記事

(動画・画像) コンビナンパ

珍しくカレンダー通りの休みだったので、16:00から田中さんとスト。

3人目 コンビ(動画・画像)

※音声の空白部分は男側のトークです。古いバージョンのパソコンやブラウザでは動画が正しく再生できません。

コンビナンパした女たち

4人目 16歳の高校生(画像)
16歳の高校生

5人目 店内ナンパ(画像)
店内ナンパした冷たい反応の女

昔は番ゲだったら5人に1人の確率だったけど、手ぶらで帰る日が多くなった。

2010年2月11日(建国記念日)
関連記事

(画像) ダイソーでナンパ

すっかり店内ナンパに慣れてしまい、サクサク声がかけられる。「店から出るのを待っていたのでは効率が悪い」と考えた末の行動。止まっている女に声をかけるから楽な部分はあるが、まだまだ路上の方がやりやすい感がある。

買い物のために入ったダイソーでナンパ。

1人目 ガンシカ(画像)
ガンシカされた巻き髪ギャル

2人目 電話とメールは基本無視する携帯嫌いな女(画像)
携帯嫌いな女

その後、ゲオに移動。

3人目 外国人(画像)
ゲオでナンパした外国人

路上では気にならないが、店内は連れがいる可能性に気をつけたい。1人目の盛り髪ギャルも一人っぽかったが、実際は強面の男が一緒でちょっと血の気が引いた。

2010年2月10日(水)
関連記事

(画像) 間接ナンパ

いままで間接ナンパは、否定はしないがやろうとは思わなかった。しかし、間接ナンパ専門のスト師もいるから考え方は心得ておきたい。

ツタヤにて、声をかけようとした女(画像)のそばにあったCDが何かの拍子でバラバラっと床に落ちたので、元に戻すのを手伝ってその流れで声かけ。事務的な会話 → 音楽の話 → 世間話 → ナンパトークでブーメラン。バンゲ交渉も大してせずにブーメランで楽に済ませてしまうダメな僕。

間接ナンパした女 間接ナンパした女にブーメラン

6日後にブーメランが返ってきたので違う意味で驚いた。ただ電話しようとしたら、「もう少しメールしてから」と返事が来たのでこちらから切った。この手の女も時間をかければ心を開くのだろうが、そんな悠長なことをするのは面倒なんだよね。

2010年2月9日(火)
関連記事

話を聞かない女

夜にツタヤで田中さんと合流。店内で2声かけ1ブーメランというサラッとしたナンパで終了。その後は田中さんと山へ走りに行って解散。

1人目と15秒ほど話してから改めて感じたことだけど、話を聞かない女は切り捨てた方がいいと思う。話しているのにこちらを見ないとか、なおかつ無表情とか、なおかつ返事の歯切れが悪いとか。3秒で見切りをつけて次々と声をかけるナンパ手法を田舎で行うと声をかける女がいなくなるので、ある程度は粘るが、最低限、話を聞く耳を持っている女に粘りたい。

2010年2月5日(金)
関連記事

(画像) ネットナンパで家アポ

SNSの女(21)とアポ。彼氏持ちの女で、なおかつ一人暮らしの家にお呼ばれされたものだから、ルンルン気分で会いに行ったが、僕の勇み足だったようだ。

サイト内のメールから直メールに移行し、直後に女から電話を求めてきたので感触がいいと思った。女から下ネタを振ってくるのでなおさら。写真交換した感想はややギャルな子。本当は、一部のナンパ師たちの間で行われているヤリアポなるものをやってみたいのだが、そんな器用なことは僕には出来そうもないし、方法もほとんど分からない。

アポ前日の深夜に電話したときに、「今からでも家に来ていいよ」と言われたのだが、会うのは定日にした。ちょっと遠出になるので深夜に外出するのが面倒だった。深夜に会っていたら結果は変わっていたのか分からないが。

アポ当日の午前中に女とご対面(画像)。しかし、ギラつく雰囲気を作れず、強引にギラついても何にも出来なかった。普通の友達の家に遊びに来ているようなアポだったと思う。なんて不甲斐ない。

ネットナンパで家アポした女

2010年2月4日(木)
関連記事

(画像) 女子高生と人妻と看護学生

2010年1月31日(日)

前日の土曜日にも出たんだけど6声かけで全滅。けど、この日は5声かけで3バンゲできた。ナンパのスタイルは変えてないから、運がよかったんだろう。

1バンゲ(路上) 女子高生に逆3。片方は新垣結衣に似ていてすごくかわいい。
2バンゲ(店内) 看護学生(上画像)とベンチに座って一時間トーク。
3バンゲ(店内) 買い物中のアジア系人妻(下画像)。38歳だったがそうは見えない顔。

バンゲした看護学生

バンゲしたアジア系人妻

看護学生と人妻はアポに消極的だったからか、メールの返事がない。新垣結衣似の女子高生は返事こそ来るが、メールの応答性が悪い。そう考えると、結果的にはこの日の声かけも全滅か。

今年に入ってからナンパの意欲が過去最低レベルなのはどうしたものか。ゲットのゲの字も感じられない。軽度のうつ症状だったらどうしよ。
関連記事