[ナンパ日記] 5月24日(土) 6声かけ 空振り

小遠征。いつもより遅めの時間に現地到着。この日は地蔵トークがメインになってしまった。

本日のメンバー(到着順):H君、田中さん、Sさん、ク○○○さん

# 繁華街にて田中さんとコンビ ×
# iPod!を聞いているお姉さん ×
# ウロウロしているスト低&スト高を逆3 ×
# 飲み帰りのスト低(片方巨乳&モロ谷間露出)を逆3

 「明日、子どもの運動会だからお弁当作らないと~(笑)」 ×
# 繁華街に隣接するキャバ嬢ご用達(?)のコンビニL前にて逆3 ×


H君、Sさんがお帰りになる。

# コンビニLの隅っこでひたすら立っている女

ク○○○さん:「あの子、ずうっとあそこに立ってるんだよね」
僕:「デリヘル嬢ですかね。ちょっと声かけてきますよ」

声をかけると男と待ち合わせ中。しかし、待ち合わせなら店の前にいればいいものを、なぜか隅の暗がりに立っている。

「どうしてここに立ってるの?」
「店の前だと目立つから」
「(目立つと困るのか?)男はどこから来るの?」
「××から。遠距離恋愛中なの。最後に会ったのは一月」
「男はいまどこにいるの?」
「たぶん、あそこの店で飲んでると思う」
「思う?」
「店の中から私のことを見ているのかもしれない」
「(はっ?)」
「○時までに男が来なかったらファミレス行こうよ」
「アハハ」

結局、男は現れたけど、どこか挙動不審な女だった。

そういやTMGするの忘れた。

5
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 5月10日(土) TG キャバ嬢

小遠征。

昼間は珍しく完ソロ。夜になり、ク○○○さんが参戦。

この日は調子が悪かった。10人くらい声をかけてもブーメランしか飛ばせない。ク○○○さんからデリヘル嬢が出没しやすいポイントのレクチャーを受けつつ、繁華街へ移動。

出勤前のキャバ嬢からTG。TG自体は30秒くらいで聞き出したけど、キャバ嬢相手だと営業されたことも多々あるためか、やる気が減る。

age 20

6
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 5月6日(火) カフェ連れ出し 大学生

夕刻、久しぶりに地元駅で完ソロ。しかし、驚くほど人がいない。こうもターゲットがいないと、空しいというか士気が下がる。厳選しているわけでもないのに、結局、一人に声をかけるのに40分もかかってしまった。

「○○は人たくさんいるよ」というSさんの電話連絡を信じて、某駅前へ車を飛ばす。

Sさん、ク○○○さんと合流。

数は少ないけど、地元に比べれば全然ターゲットに困らない。8人目で中島美嘉似をコーヒー屋へ連れ出して終了。

age 21

6

彼氏持ち
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記](画像付き) 5月4日(日) アポ編 女詐欺師と対決?

デリヘル嬢を解放したあと、4月29日にナンパした女からメールが着信。内容は逆アポだったけど、どこか奇妙。田○さんと相談しつつメールを続ける。そして、女が指定してきたファミレスへと向かう。

女から教えられた車を駐車場で探す。それらしき車はあったけど車内は空っぽ。駐車場をグルグルするけど、どこにも女がいない。「やられたか」と思ったそのとき、女から電話が着た。落ち合うことはできたけど、一体どこから現れたんだ。

メニューを注文するけど、女はなぜかフライドポテトだけ。

「この前、声かけてきたとき私の友達(=田○さん担当)もいたじゃない。その子に見せたいから写メ撮らせて」
「(?)」

「私、いまは派遣で働いているけど、やりたいことがあるんだ。自分の店を持ちたくて」

女は仕事の話に絡めて自分の将来の展望を話し始める。僕自身、そういう起業には興味があるので普通に聞いていた。始めのうちは若いのに立派なビジョンを持っていると感心していた。しかし、徐々に話の方向が怪しくなってくる。

「いま独立とは別にビジネスもやってるんだけど、興味ない?」
「どんなビジネス?」
「私が説明するより、私の先輩に直接聞いたほうがいいよ」
「(え?)どういうジャンルなの?」
「誰にでも教えてくれるわけじゃないんだ」
「(話をすり替えたな)」
「さわりだけでも教えてよ。パソコンとか携帯がなければできないビジネス?」

「先輩に聞いたほうが早いって」
「先輩に聞くってどうやって?僕が電話すればいいの?」
「私と3人で会えばいいよ」

僕がどんなに説明を求めても、『先輩に聞いて』の一点張り。

「講習会とかやってる人だから大丈夫だよ。どうする?会ってみる?」
「会ってみるかな(むろんその気はない)」
「じゃあ、いま電話してみるね」





「明日の午後7時半に、ここ(ファミレス)で待ち合わせでいい?」
「いいよ」
「私、このあとミーティングがあるからそろそろ出よう」

店を出る(画像)。辺りはすっかり暗くなっていた。

女詐欺師?

「そういえば乗ってきた車ってどれ?僕、見つけられなかったんだ」
「これだよ」
「私、ジュース買ってくるから、じゃあね」


そう言い残して女は暗闇に消えた。しかし、女が歩いていった方向にジュースを買える場所はない。離れた場所でしばらく女の車をマークしていたけど、ジュースを買いに行った"はず"なのに一向に戻ってこない。そもそもミーティングってなんなんだ。



翌日の夕方、案の定、女から念押しの電話とメールが来る。地元だったら興味本位で"潜入"していたかもしれないけど、ガソリンを使ってまで行くほどの価値はない。電話は無視して、「急用が入ったので時間的に行けない。地元に来てくれるなら会える」という旨のメールを送る。ややキレ気味の返事が来て本件は終了。

いま思えば、『相手を不安にさせた後で、それを改善する方法を提供する』トークで、僕は半分洗脳されていた。あの女め。
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 5月4日(日) スト編 連れ出し デリヘル嬢

小遠征。

本日のメンバー:H君、田○さん

4人目で、白いミニスカート&生脚の小柄な女に声をかける。あまりに華奢な体型なので、中学生ではと思いつつ年齢を聞くとセーフだった。女が乗るバスが来るまでの時間、喫茶店に連れ出す。いま思えば、あとは帰るだけという状況なので、バスの時間を遅らせてカラオケにでも移動すればよかった。

age 18

7

彼氏持ち
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記](画像付き) 5月3日(土) 連れ出し ロリータ&女子高生

本日のメンバー:H君

4人目で、モロな白いロリータファッションの女に声をかける。そしてノーグダで連れ出す。この時はポテトの割引券を持っているという金銭的な理由でファストフードへ連れ出したけど、カラオケに行けばよかった。相手の都合で場所を変える展開にはならずTMG。

age 18,7,彼氏持ち

ロリータと別れて次は5人目、ややギャル(画像)を発見。

女子高生

「さっきまで油っこいもの(ポテト)食べてたから、水でも飲みたいんだよね」
「なんかおごりましょうか」

相手も電車が来るまで暇していたので、ノーグダでファストフード(画像)へ。U-18なのでジュース飲むだけで終了。口の中がさっぱりしただけで満足してしまった。しかし、連れ出しで年下におごってもらったのは初めて。

ファストフード

age 17,6,片想い中



最初に連れ出したロリータのメールアドレス、どこかで見たことがあると思い、過去のTMG履歴を調べると、去年の5月26日にすでにTMGしていた。逆3でナンパ→ノーグダでTMG→すんなりアポ(当時17歳なので友達としてか)成立→当日にドタキャン→メール無視というフローで放流されたので完全に忘れていた。もっとも、今回も冷たく放流されたわけだけど(-人-)
関連記事

[ナンパ日記](画像付き) 4月30日(水) 準即 大学生

一週間前にTMGした大学生とアポ。

この大学生、向こうから電話&メールを頻繁にしてくるので確食だと確信していた。アポだって逆アポに近い。

前日の夜、花見ナンパをしつつ、メールのやり取り。

「明日は休み?」
「休みだよ」
「なにするの?」
「買い物に行くよ。時間があれば会おうか?」
「本当!?お昼過ぎでもいい?」

当日、まず買い物へ。スト低ゆえにメインの目的は自分の買い物で、アポはあくまでついで。ただ、声をかけた夜と違って昼間の太陽の下で見たせいか、スト値が気持ち高く見えた。それでも普通レベルに達しただけだけど。

買い物のあとはカラオケに連れ込む。マイクなど握らず、部屋の照明を暗くしてトーク。念のため女に酒を飲ませる。ややハードなグダはあったけれど、Dキス。前から入ってみたかった激安の某ラブホテル(画像)へ移動してセックス。おおむね予想通りの結果である。

激安ラブホテル



(かわいい女じゃなかったから)機械的なセックスをしたからなのか、一度だけという女側の割り切りなのか、後日メールを送ると、「だれ?」と完全にシラを切られたのには面食らった。電話にも絶対に出ようとしない。すごい手のひら返しだ。

彼氏持ち
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 4月29日(火) MG 派遣

場所:花見公園
メンバー:H君、田○さん


H君&田○さんのコンビはぼちぼちTMGしているが、僕はさっぱり。一人でいる間に逆3も試みるが、片方は興味があっても、もう片方が邪魔をする。

夜遅く、この日の活動を終えて解散し、田○さんと駐車場に向かっている時、CanCam風の二人組を発見。最後のあがきとしてコンビ。

僕:女1

(数メートル)

田○さん:女2


それぞれがバラけて並行トーク。そこそこ和めたと思うけど、結局二人ともブーメランで終了。



翌日の夜、僕の投げたブーメランが帰ってきた。

age 21

7
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記](画像付き) 4月27日(日) カラオケ連れ出し 事務員

本日のメンバー:H君、田○さん、久しぶりに出番のケ○○○さん

5人目でハーフっぽい顔つきの女に声をかける。

「友達と会うまで暇している」→すんなりカラオケ(画像)に連れ出す。しかし、この時はなぜかギラつく気持ち(≒性欲)が起こらず、パフェ食べてちょっと歌うだけで店を出る。

カラオケ

「甘いもの食べたら、なんか飲みたくなってきたな」
「○○(ファストフード)行きませんか」

連れ出しを終了して別れるつもりだったけど、誘われれば行かないわけにはいくまい。女は僕に喰い付いているのか、いい暇つぶしだと思われているだけなのか。

age 21

6.5



この女、TMGはしたものの死に番だった。連れ出してもTMGできない(ブーメラン)ことは普通にあるので、そのこと自体はなんてことはない。その理由こそ女の数だけあるだろうけど、今回の場合、連れ出しに使ったカラオケの店員が女の友達だった。

「あなたと一緒にいた男、前にも女の子を連れてうちの店に来てたよ。ナンパ師だろうから注意しなさい」とでも入れ知恵されたと考えるのは早計か。
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記](画像付き) 4月25日(金) 連れ出し 新社会人

花見会場でナンパした女たちを連れ出す場合、駐車場まで移動して車に乗せるか、会場内の食堂に行くしかない。

本日のメンバー:H君、田○さん

イベントナンパでは、普段ストリートでは見ることがない同業者も姿を現す(画像)。トークは指向性のガンマイクでも使わない限り、聞くことはできないけど、ルックスだけ見る分には負い目を感じることはない。とび職風の男たちがほとんどなのだから。

同業者

大学を卒業したばかりの二人組にH君と声をかける。両方とも可食で、片方は平山あやに似ていてかわいい。

しばらくその場でキョトンとされたけど、なんとかそばにある食堂へ連れ出す。しかし、祭り会場の食堂という連れ出した経験のない場所のせいか、勝手が分からず即へのプロセスを建設的に行うことができなかった。結局、4人で話をするだけで終了。TMGすらまともに交渉できず、ブーメランを投げるのがやっとだったのは改善せねば。

その後は、H君と田○さんのコンビがメインとなり、自分は二人のナンパを遠方から観察&撮影(画像)。その間、おとといTMGした女から電話がかかってくる。

ナンパ画像

「今日も花見に来てるんだけど、会う~?」
「またベロベロになるまで飲んでたのか?」
「まだそんな飲んでないよ~」

同じような電話が数回かかってきたけど、この日はストを優先するため会わなかった。

age 22

7&6.5
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記](画像付き) 4月23日(水) TMG 大学生

毎年恒例の花見が行われている公園(画像)でナンパ。

花見公園

本日のメンバー:H君

イベントナンパはストリートナンパと違い、コンビが基本となる。

夜遅く、ライトアップも終了したころ、暗くて顔は見えなかったけど、歩き方で酔っていると分かる二人を発見。声をかけようとした瞬間、一方が電話を始めたものの、構わず肩をたたいて声をかける。顔を見ると、スト高&スト低という好ましくない組み合わせ。

H君担当:スト高
僕担当:スト低(泥酔状態)


「あとはタクシーで帰るだけ」という状況なので、分断さえできれば"即の確変"が起こりそう。特にスト低の方はH君に抱きついているが(立っていられないだけかも)、スト低ゆえに僕にバトンタッチ。結局、シラフの女友達らと合流され、連れ出しには至らなかったけど、番号だけはしっかり聞き出しておいた。



酔っ払いからTMGした場合、翌日になって忘れられている可能性もあるけど、幸いなことにその日のうちに向こうからメールが来る。

age 20

6.5&4
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記](画像付) 4月20日(日) 即 看護士

遠征ナンパ一日目の即に失敗した女はスト値が高かった。僕は往生際が悪いところがあるので、地元に帰ってからも電話し、一回は出てくれた。しかし、その後は無視され続け、この日の朝にようやく出た。しかし、「言ってなかったけど彼氏いるんだよね・・・」という言葉で放流される。そういう哀しい想いのままストに出る。



いつもの某駅前へ小遠征。

本日のメンバー:H君

ガンシカされたり好調ではなかったけど、夕方、6人目くらいで買い物帰りのお姉さんを連れ出す。

「荷物が重そうですね」

「これから帰るの?」
「うん」
「何時の電車?」
「駅で(発車時刻)見ないと分からない」
「じゃあ、見に行こう」

「あと数分で電車出る」
「一時間くらい延ばせば?」
「いいよ、今日はフリーだから」
「アイス食べに行こう。駅ビルの中にあるよ」

「(即を考えると密室の方がいいか)やっぱりカラオケで食べよう。すぐそこだから」

初めてカラオケに連れ出す(もちろん歌うことなどしない)。自己紹介&世間話&下ネタ→自然な動作を演じて隣に座る→ボディタッチ→ギラつく。

「彼氏がいるけどそれでもいいの?(=本気にはなれない)」と言われたぐらいで、全てがノーグダ。

Dキス→手マンまでしたところで場所が気になった。カラオケだから声が聞こえる心配はないけど、狭い。真っ暗にしているとはいえ、小窓もついている。どうも落ち着かない(←わがままだな)。数分とはいえ、移動中に女の気が変わらないかと心配しつつも、ラブホテル(画像)でゆっくり即日セックスに成功。

ラブホテル

朝の哀しみを相殺するかのような、実にスムーズな即である。

age 25

6
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 4月14日(月) 大遠征総括 50声かけ 2即

この日は前夜に即した女の仕事が休みなので、昼近くまで一緒にいた。彼氏持ちの女なので、彼氏がアポなしで訪ねてきて修羅場になったらどうしようという心配も少しはあったけど。

「これも何かの縁なので、電話番号とメールアドレス教えてくれませんか」と頼まれ、TMG。

さすがにもう"おなかいっぱい"状態なので、女と別れた後は一声かけもせずバスの時間まで観光。しかし、平日の昼間だというのに、あんなに人がいるのはなんでなんだぜ?

1日目 約10声かけ 0即 2連れ出し 1TG
2日目 約20声かけ 1即 1連れ出し 1TG
3日目 約20声かけ 1即 1連れ出し 0TG

合計  約50声かけ 2即 4連れ出し 2TG




さて、今回の遠征ナンパではおかげさまで即という結果を残すことができました。次回参加するときは、3日目の女のマンションもうまく利用したいところです。ナンパしている現場を見られないことを祈って(@w@)










更新なるべく早くします
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 4月13日(日) 大遠征3日目 即 販売員

昨夜の酒が残っているのか激しく気持ちが悪い。とても一人で移動できる状態ではない。ふ○さんに頼んで会長宅まで送っていただく。三人で反省会を開いた後、会長はアポのため、昼過ぎからふ○さんとストに出る。

# パステルカラーなお姉さん(画像)
ガンシカではないものの、相手にしてくれない。

パステルカラー

# 蛍光ピンクのコートが目立つ女
信号前でUターンしている。こういう女は狙える。"インターネットで知り合った彼氏に会うために宮○県から飛行機で来た崖っぷち(29歳?)"の女。(やはり)道に迷っていたので案内するけど、連れ出しは「彼氏に悪い」と頑固に拒否(-人-)

# 白のミニスカート(画像)
「なんだ、てめえは」
「用件はなんだ」


オラオラで声かけたわけでもないのに・・・ヽ(`Д´)ノ

白のミニスカート

夜、ふ○さんと別れ完全に一人になる。遠征も3日目で体力も奪われている。おととい即に失敗した女は電話に出ない。きのう即に成功した女はつながるけど取り込み中で家行きはNG。たこ焼き君のご厚意で宿は確保できたけど、もうちょっとがんばろう。

# ギャル
しゃがんだりショップを見ながら何十分も電話している。暇に違いない。荷物が大きいから旅行者か。あわよくば、一緒に泊まるところを探そうと声をかけたけど地元の人間だった。待ち合わせ中というけど、どこか奇妙(・ω・)

日曜の深夜ともなると、さすがに人がいなくなる。ウロウロしているのは僕と飲み屋のキャッチくらい。

# これから友達とカラオケに行く女
ファストフードへ連れ出す。自分もカラオケの仲間に入れてくれという願いは叶わず、友達からの電話で連れ出し終了。ブーメラン。

# 仕事帰りの女
「今日は寒いですねえ」→並行トーク。

「おなか空いてるんですよ。ネットカフェBに行きませんか。おごりますよ」
「おごってくれるんですか」

喰い付きはまあまあ。そして相手から思わぬ一言。

「飲みに行きませんか」

"逆連れ出し(?)"され、居酒屋へ(画像)

居酒屋

始めに案内された席が360°見通しがよくてギラつきにくい。人目につかない隅の席に変えてもらう。女の目がトロンとしている。早い段階で下ネタ→隣に座ってボディタッチ→店内でDキス。

「今日、泊まるところはどうするの?」←即の確変か。

"ネットカフェに泊まることにして"、居酒屋を出る。グダられたけれど、歩いてすぐのネットカフェPへ入る(いま思えば、そのまま女の家へ行ってもよかったのかもしれないけど)。ギラついて、僕が切り出す前に女から「声が聞こえちゃう(*>_<*)」と場所グダ→30分で退店→女のマンションへ移動。

めでたく宿代をかけずに即日セックスに成功。次の日は女の仕事が休みというのも功を奏した。

age 29

5.5
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 4月12日(土) 大遠征2日目 即 事務員

朝、即り損ねた女と別れた後、疲労で重い体を引きずり会長宅へ向かう。半日間、のんびりさせていただいた後、夜からスト開始。

本日のメンバー:会長、ひ○さん、テ○○さん

# 亀の歩みのようにゆっくり歩く女(画像)
足に入れ墨が見えたからアングラな女かと思ったけど、ストッキングの模様だった。十中八九、連れ出せる状況だったけど、スト値が許容範囲を下回っている(33歳)。「今夜、即に失敗して宿に困ったら付き合ってもらおう」と考え、TGに止めておく。

33歳

# 小柄のスト8(!)
会長がカフェに連れ出している時に声かけ。同じカフェに連れ出しを交渉したら、名前が似ている某ビジネスホテルと聞こえたのか、(カメラを持っていたわけでもないのに)AVの撮影と勘違いされる。

# 小倉優子のようなぶりっこ
何かしゃべるたびにニコニコするけど、連れ出しにはなかなか首を縦に振らない。アーケードから駅まで並行トークして、やっとプリクラに連れ出す。しかし、チュープリは撮れずブーメランだけで帰られる。

# ゴスロリ(画像)
連れ出せそうだったけど、17歳・・・。10時を過ぎていたし、警察官もパトロールしていたから退散。

ゴスロリ

# 飲み帰りの二人組
会長とコンビ。ぴたりと足止め→連れ出し。

会長担当:荒川静香似(?)
僕担当:黒髪


酒を買って某公園で飲む(画像)。

公園

隣に座った黒髪とは早い段階で(寒いのもあって)手を握る。そして、会長組がトイレに行って二人きりになった時点で、何も言わずにディープキス。もはや分断さえできれば(=荒川静香がお茶を濁さなければ)、即の"確率変動"が起こるに違いない状況だ。

しかし、"即られたくない"荒川静香が邪魔をする。黒髪も荒川静香を心配してか全くの無抵抗ではなく、分断にはてこずった。がんばって引き離しに成功し、即りやすいと聞かされていたネットカフェBへと向かう。しかし、道に迷って(僕もかなり酔っていた)、前日、即に失敗したネットカフェPの前に来てしまう。やれないわけではないけど、できればここには入りたくない(-へ-;)

「ソファーとベッドのどっちで休みたい?」「任せる」→ラブホテル(画像)へ移動。いらぬ邪魔が入らぬよう念のため、目を盗んで女の携帯の電源を切った。

ラブホテル

金こそかかったものの、広い部屋でのびのびと即日セックスに成功。「写真撮りたいんだけど」の一言でハメ撮りにも応じてくれた(画像)。

ハメ撮り



即までの修羅場をくぐりぬけた疲労でいつの間にか寝てしまっていた。さらに隣にいるはずの女がいない。残されていたのは女の腕時計のみ・・・。しばらく状況が呑み込めなかったけど、「用事があるので先に帰ります。090-・・・」という女からのメモを見つける。電話番号を書き残しているところに、「ワンナイトラブ(一夜限り)では終わらせたくない」という想いが感じられる。ちなみに残されていた腕時計は「再会するための口実」かと思ったけど、本当に忘れただけだった。

age 22

7
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛