ブログの不具合解消のお知らせ

3月23日から27日にかけて、当ブログにInternetExplorer6でアクセスし、「コメント」や「カテゴリー」など、サイト内へのリンクをクリックするとエラーメッセージが表示され、接続が中断されるという不具合がありました。

現在では解決しましたが、先の数日間、サイト内移動ができなくて、「俺のパソコン壊れた?」とか思われ、訪問者の方にはご迷惑をかけてしまったかもしれません。

携帯電話や他のブラウザからのアクセスならまだしも、最もユーザーが多いIEでこのような不具合が発生したのには参りました。トップページにはアクセスできるのがせめてもの救いでした。

以上、ナンパとまったく関係のない記事ですが、ご報告までに。
関連記事

[ナンパ事件簿] 家出少女に声をかけ、セックス&ゆすりで逮捕

家出少女に声をかけて、金と体をGETしていた男が逮捕されました。

■少女にわいせつ、金貢がせる 繁華街で声掛け「用心棒に」 無職男を逮捕・警視庁

女子高生にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課は24日までに、児童福祉法違反の疑いで、住所不定、無職林田龍樹こと土田義幸容疑者(27)を逮捕した。

同容疑者は都内の歌舞伎町や池袋で「リュウ」と呼ばれ、家出少女らに「用心棒になる」と接近。暴力団との関係を示唆し、わいせつな行為をしたり、金を巻き上げたりした。

少女5、6人を含む約10人と関係を持っており、「多いときで月に200~300万円貢がせた」と供述。少女らは出会い系サイトで知り合った男を相手に金を稼いでおり、同課は金が暴力団に上納されたとみて調べている。

調べによると、土田容疑者は昨年9月と10月、新宿区歌舞伎町のホテルで、都立高校2年の女子生徒(17)とわいせつな行為をした疑い。

組員との飲み会に連れて行かれたため、生徒は「逆らえない。怖くてしょうがない」と断れなかったという。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008032400272


ナンパ師ではないだろうけど、過激なことやってますねぇ(´・し・`)

■関連URL
土田義幸 をGoogleで検索
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 1月12日(土) 16声かけ 1即

『塞翁が馬』という言葉がある。『「吉」と思えることが後に「凶」となることもあり、またその逆もある。まったく人間の吉凶というのは予測できない』たとえだ。

クリスマスイブに本命に放流されるという大事件に見舞われた筆者だが、今回、"本当に運のいい人"になることができた。毎回、「いくつTMGした」「何人連れ出した」とか地味な結果しか出せていない筆者だけど、ようやく"変化球"が出せる。



お昼ごろ、筆者がまだ夢の中にいるとき、ケ○○○さんから「××(非地元)に出る」メールが着信。「××かあ、天気悪いし、どうしよう」と思ったけど、遠征ナンパはしばらくしていなかったので、ドライブがてら車を飛ばす。今思えばこの判断は正解だった。現地でケ○○○さん&Sさんと合流。雪が降るなか活動開始。

この日はパンクやロリータの服装とか、旅行かばんを引いている女の子たちが本当に目に付いた(画像)。後で知ったのだけど、我が戦場にビジュアル系バンドがツアーで来ていたという。今回、このライブが即の手助けになってくれた。

旅行かばん

#1 パンクファッション from 埼○
ライブの遠征組で会場に向かっている人物。軽く道案内をしつつ並行トーク→退散。

#6 紫のカラータイツのお姉 from 神○川
駅の入口で地図を見ている。反射的にナンパ。

「ご案内しましょうか」

こちらもライブの遠征組。手をつないで宿泊先のビジネスホテル近辺まで案内→しかし連れ出しは拒否。

#11 ショートパンツ&カラータイツのぽっちゃり
駅の改札前でナンパ。顔を見ずに声をかけたら、ぱっちりメイクで可食だけどずいぶんなスト低。数分立ち話して粘る→笑うが口数が少なく退散。

#12 白コート&黒ニーハイブーツのお姉
ケ○○○さんが駅ビル内で連れ出しているのを、ベンチに座り横目で見ていると、目の前に旅行かばんを持ったお姉さんが現れた。電話をしていたので終わるのを待ってナンパ。

「これからどこ行くんですか」
「言う必要ないじゃないですか(^ω^;)」

そら、そうですよね(´・ω・`)

#15 ピンクのカラータイツのカジュアル娘(画像)
某商業施設のベンチに座っている。「ピンクがかわいいね~」とかなんとか言ってナンパ。「おにーさん、かわったひとですねぇ~(*´∀`*)」という不思議ちゃん。彼氏と待ち合わせ中ということで退散。

ピンクタイツ

#16 黒ブーツ&ジーパン&黒ダウンジャケットのお姉 from 名○屋
交差点を渡っているときに発見→Uターン→「よければ入りませんか」と傘を差し出し声をかける。またまたライブの遠征組。しかし、ライブが中止になり、行くあてもなくブラブラ、そしてイライラしていたと。

連れ出しを交渉→「お茶ぐらいなら・・」→がんばって居酒屋へ連れ出す。正直、居酒屋へ連れ出すことには若干の抵抗があった。地元なら代行で帰れるが、もし即に失敗したらどこかに泊まらなければいけない。しかし、そんな心配は後に消えることになる。

「どうして私に声かけたの~?一人で歩いてる人なんていっぱいいるじゃない」
「僕のタイプだったからだよ。『かわいい』と『タイプ』は微妙に意味が違うでしょ」

適当にはぐらかす。

「私、今日は飲んじゃっていい?」
「どんどん飲みなさい」

極力、酒を飲ませる(画像)。

居酒屋

不倫がどうとかフェチがどうとか適度な下ネタを混ぜたり、途中から隣に座ったり、基本的なことだけど、種をまくことに尽力した。

居酒屋を出た後、手をつないで周辺をブラブラ歩く。「これからどうするか、ホテルのロビーででも話しよう」→コンビニでジュースやお菓子を買う→彼女の宿泊先のビジネスホテル→彼女はロビーを素通りして筆者と共にエレベータに乗る。

「部屋を散らかしっぱなしで出てきたから、ちょっと待ってて」

ドアの前でしばし待つ(画像)。このときばかりは「即だな」と思ったものだ。テレビ見てジュース飲んで→ビジネスホテル特有のアダルトチャンネル談義して→ギラつく。

ホテルドア

「エッチはしないよ(笑)」
「エッチがしたくてナンパしてきたのぉ?」


少々のグダはあったものの、本当に嫌がっている様子ではなかったので、そのままギラついてGET(ホント久しぶり)。唇がふやけるかと思うほどキスを連発してくるキス魔なのが印象的だった。

一晩過ごして翌日(日曜日)には帰るつもりだったけど、「あと一日だけ一緒にいて」と彼女に懇願される。次の日(月曜日)のことを考えると首を縦には振りづらい。しかし結局、会社に休みをもらって一日彼女に付き合う(←こういうところ直したほうがいいなあ↓↓↓)。

ドライブ→車の中でイチャイチャ(される)→その日の宿探し→居酒屋でメシ→宿泊先。二日目は彼女のほうから筆者に甘えてきてベッドイン(画像)。

ホテルベッド

三日目(月曜日)の午前中、本当に別れが辛かったけど、駅で彼女を見送る。

20代半ば

7
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ事件簿] 女子生徒をナンパ→ギラついて逮捕

ナンパと直接関係ありませんが、路上で声をかけた少女にギラついたとして議員が逮捕されました。

■六戸町議を逮捕 女子生徒にわいせつ行為容疑

女子生徒を車に乗せてわいせつな行為をしたとして、十和田署は11日、六戸町議会議員山本実容疑者(52)をわいせつ誘拐と強制わいせつの容疑で逮捕した。
調べによると、山本容疑者は4日午後5時30分ごろ、県南地方の路上で見知らぬ女子生徒に「家に送ってあげる」などと声をかけて車に乗せ、約20分後にパチンコ店の駐車場に車を止め、女子生徒の体を触るなどのわいせつな行為をした疑い。同署は、女子生徒の携帯電話に残されていた携帯電話の番号から、山本容疑者を割り出したが、同容疑者は調べに対し、「まったく身に覚えがない」と容疑を否認しているという。
山本容疑者は、無所属の町議で現在3期目。

(2008年3月12日 読売新聞)


当ブログはSEO対策(←こういうことやってるナンパ師って僕ぐらいだろうな)を考慮して、「C生」や「JK」といった隠語は基本的に使っていません。そのためか、当ブログに検索サイトからアクセスしてくる人が、どういうキーワードを打ち込んでいるのかを調べると、かなりの割合で「中学生」が含まれています。『ありえない画像検索』で検索キーワードのランキングが発表されたことがありますが、そのときの1位は「児童ポルノ」でした

う~ん、ロリコンの世界は分かりません

> 女子生徒の携帯電話に残されていた携帯電話の番号

この文章からすると、後日にアポろうと考えていたのでしょう。しかし、それが命取りになってしまったようです。『無理にギラつく(≒レイプ)→被害届→少女の携帯チェック』というプロセスは容易に想像できたはず。ずいぶん間の抜けた人物です

今回、「中学生や高校生にギラついたらダメだよ」という、あの条例について言及されていないところを見ると、今後の捜査で再逮捕にでもなるんでしょうか。

■関連URL
山本実容疑者 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?num=50&lr=lang_ja&hl=ja&q=%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%AE%9F%E5%AE%B9%E7%96%91%E8%80%85
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛