[ナンパ日記] 11月18日(日) 3声かけ 1MG

昨日のグダグダでまるで元気がないが、家にいてもやることがないのでフラッと駅周辺に出る。昨日ほどの気合いを入れられるほど筆者はたくましくない。どこかダラダラとやっていた。

雪が降ってとても外には居られない。店内で張る。

#1 長身のスト高お姉
黄色のハイヒールがよく目立つ。デパート内で発見しマークする。携帯電話を持ちながら同じ場所を行ったり来たり。間違いなく待ち合わせだ。下りのエスカレーターで声をかけるが、ほとんどガンシカで10秒とトークが持たなかった。

け○○○君から「昨日は無事準即した。いま電車で帰っている」というメールが来る。ちょうどいい。駅で合流し、そのまま二人でスト突入。け○○○君は筆者よりナンパ歴が短いのに、身長&顔立ちが突出してるせいか筆者より結果を出している。

デパート入口のベンチで話をしながらひたすら物件が現れるのを待つ。この方法は店から出る人と店の前を通る人を確認でき、ターゲットが現れたらすかさず店の外に出て声をかける。この日のように本当に寒くなると女どころか誰も外を歩かなくなる。そんな状況で屋外で張るのは凍えるだけでナンパどころではない。

#2 メガネっ娘
信号待ちで声かけ。笑顔でトークするも彼氏グダ。

#3 スエードブーツ&ショートパンツ&赤のセルフレームメガネ

「あのちょっと」

ピタリと立ち止まる。

「いまお店の中で見かけたんですけど」
「はい」
「友達と一緒に待ち合わせしてたんですけど」
「はい」
「ちょっとあの~勇気出して言うんですけど、タイプの人だなあと思って声かけてみたんですけれども」
「あはは、あはは(笑)」
「大学生でしょ?」

「あー、はい(笑)」
「あー、やっぱり。大学生の感じするもの」
「あー、はい(笑)」


マジメな印象の子だ。慣れていないのか最初は声を震わせながら笑っていた。トークを始めて間もなく、彼女は自分の差していた傘を「どうぞ入ってください」と言わんばかりに筆者に差し出してくれた。いままで数え切れないほどの女性に声をかけてきたけど、こんなことは初めてだ。筆者のメールアドレスを教え、彼女から送信してもらいMGする。

ベンチに戻り、け○○○君に添削してもらいつつ、その場でファーストメールを送信。そして、その日のうちにアポを取り付けることに成功した。

け○○○君:「俺はあの子の顔を見た瞬間、『あの子はお前ならいける』と思ったよ」
筆者:「あの子、『夜遅くなるかもしれないけど、メールは必ず返す』と言ってたな」
け○○○君:「それ、確食(確実に食える)じゃん!」

昨日あれだけ声をかけて空振りだったのに、この日は3人目でMGである。け○○○君の準即に成功した運を分けていただいたのかもしれない。

19歳

6



しかし、この日のMGが筆者のナンパ史上、類を見ないほどの悲劇のドラマを引き起こすとは、この時の筆者はまだ知る由もなかった。
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 11月17日(土) 13声かけ 空振り

この日の筆者はずいぶん荒れた。


天気は良好。某駅まで遠征。遠征はアポも含め今回で5週連続となる。疲労は隠せなかったが、何かに取り憑かれているようだった。やる気マンマンでナンパするもののMGすらできない。一人連れ出せそうな物件はいたものの、「今日は一人になりたい」というグダを崩せず、駅入口でしばらく立ち話をするに止まる。11声かけした時点で疲労困ぱいしていた。筆者の地域は人が少ない。二桁声をかけるだけでも大変なことだ。

地元に戻る前に以前連れ出したギャルが勤めているショップに足を運んでみる。いたいた。向こうも普通に覚えていてしばらく店内でおしゃべり。少しは元気になった気がした。しかし、車を運転しながら帰路についていると、空振りで終わったことに対するふがいなさが沸々とこみ上げてくる。このままでは終われない。

地元に戻り、駅前にてSさんと合流。駅前や繁華街を流す。しかし結果は振るわず、駅前のゲーセン前でギャル、スーパーでマジメ系に声をかけただけで終わる。

繁華街に移動した頃には風雨で外にいるのが辛くなってきた。

キャバ嬢:「次行くお店決まってますか~」
客引きのお兄さん:「オッパブ1時間からどうですか~」

普段は声をかける側だが、かけられるとどこか新鮮に感じる。この日、筆者がナンパした13人の女性たちはどういう想いで筆者の話を聞いていたんだろうか。そんなことしても状況が変化するわけでもないのに、コンクリート塀を蹴ったりしてうっぷんを晴らそうとしていた。なまじバリバリに気合を入れてナンパに出たものだから何の結果も出せなかったことが悔しくて仕方なかった。

心が折れた一日だった。
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

「一目惚れしました」でバンゲさせてくれるのは3人中1人

筆者はテレビをめったに見ませんが(見てもドキュメンタリーくらい)、11月28日の「トリビアの泉 世界で一番「へぇ」が好きSP」は非常に興味深い内容でした。ナンパ師として無視できないので紹介したいと思います。

『フジテレビで働く女性に突然「一目惚れしました」と言ったとき付き合ってくれるのは50人中○人』という検証でした。結果はゼロ。しかし6人が電話番号(TG)を、9人がメールアドレス(MG)を教えてくれました。なかには嘘のメアドを教えていた女性職員もいましたけど、TGもしくはMG合わせて15人から連絡先をゲットできたことになります。ちなみに逆のパターン、つまり女性が男性職員に告白するケースでは(付き合うのはゼロだけど)44人、9割近い割合で極めて喰いつきよくTGしていましたねえ。スゲー(◎Д◎)

今回の検証は声をかける場所がテレビ局内ということで、面識こそないけれど「番組関係者か出入りしている業者かしら」という心理が働き、ストリートとは微妙に違います。それに相手がアナウンサーという(半分アイドル状態の)いわゆる花形職業の人物である点も我々が行っているナンパとは違います。それでも「誠実系(これでもかっていうくらい誠実でしたね)で声をかけて3割の女性からバンゲ」という結果は参考になると思います。

もちろんテレビ、それもお笑い系ということで、視聴者受けを狙った若干の演出(結果のごまかし)はあるかもしれません。女性が告白するパターンではなぜか男性アナウンサーではなく、かっこいいとは言いがたい男性職員でしたし、男性調査員の容姿は平均的な顔とおおむね一致していましたけど、女性調査員は平均顔との一致具合は触れられていませんでした(*)。調査員の身分を新人AD(=下っ端)に設定した理由もわかりません。ちなみに男性、女性どちらの調査員もいわゆる素人ではありません。告白という芝居をするわけですから、役者の世界にいる人間を起用すると考えるのが自然です。名前をググると出てきますしね。

最近、誠実系とアップ系について葛藤している筆者には刺激となる番組だったと思います。

■関連URL(数日前まで前半があったのですが消えてますね)
トリビア 一目ぼれ検証 突然告白 男>女編 後半
http://youtube.com/watch?v=57I14S1H6gk

*「人間の顔の平均を求めると、顔の各部位のバランスがよくなり、平均だけど標準を超えたルックスになる」という理屈はわかるけど、男も女も見た目よかったよなあ。スト6~7はいくだろう。
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 11月11日(日) 6声かけ 1連れ出し

ときどき雨が降るくもり空。某駅まで遠征。
完ソロ・・・と思いきや、偶然、田○さん、ケ○○○さん、け○○○君も出ていた。

#1 お姉系
平行トークながらも笑顔でだいぶ長く話してくれる。しかし、これから飲み会グダで離脱。

#2 ギャルx2
白のロングブーツとかピンクのアウターとか、二人ともパステルカラーなコーディネートがかわいい。片方は柴咲コウに似ていて極めてスト高だ。田○さんが参戦してくれるかと思ったけど、見当たらないので逆3をがんばる。笑顔でトーク&特に行くところ(目的)はないと好条件だが、結局逃がしてしまう。

#3 全身真っ黒のパンク系
平行トーク→離脱。

#4 中学生ギャルx2

原色(緑)のワンピース(?)でよく目立つ。「自分の娘があんな格好してたら泣くぞ><」と思いたくなりそうだ。顔つきや身長からして中学生の可能性が高いが声をかけてみる。以前、発育不良かと思うほど背が低い(けど服装がかわいい)物件に、「中学生だろうなあ」と思いつつ声をかけると大学生だったことがあるからだ。
すぐ後ろにけ○○○君が歩いていたけどタイミングを失い、コンビできずに筆者一人で逆3を敢行。ほとんどガンシカ&やはり中学生だったので離脱(画像はイメージ)。

原色ギャル


#5 ノンノ系x2
け○○○君とコンビ。平行トークしながらそこそこ笑顔を見せるものの離脱。

#6 小奇麗な小柄娘
ケ○○○さんとけ○○○君と三人でおしゃべりしながら横断歩道を渡っているときに、チラッと顔が見えた。その瞬間、直感的に(二人を置いて)Uターン。とっさのことでセリフを考える間もなく、地が出てしまい誠実系でナンパ。

「すごいタイプだなって思って声かけたんですけれども」

すると相手がニコッと笑った。

「僕まだお昼食べてないんだよね」
「あ、ウチもなんだ~」

ノーグダで連れ出す。

話を聞くと友達と待ち合わせだが連絡が来ないという。その友達は出会い系サイトで知り合った人らしい。筆者は出会い系サイトを使わないため事情は無知に等しいが、「出会い系で会える女にスト高はいない」という定説は知っている。実際、筆者はかつて出会い系サイトの待ち合わせ相手に間違えられた経験があるが、そのとき筆者に声をかけてきた女は間違いなくブスの部類だった。よって「出会い系使ってる人でもこんな人(普通にかわいい)いるんだな」と感じた。

食事を済ませたあとにTMGを交渉するが、「いま使ってる携帯、母親のだから教えにくい」とにわかに信じがたい理由で断られる。「連れ出しはOKだけどTMGはヤダ(次はない)」なタイプなのか、筆者のことが気に入らなかったのか。う~ん、まだ別れたくない(往生際が悪いな)。「○○(某ビル)の5階(休憩フロア)に行かない?」と誘うと普通に付いて来る。

まったり話し込むと、ずいぶん特徴的な女の子であることが判明。リストカット、妊娠中絶、援助交際(未遂)と波乱万丈な人生を歩んできたらしい。彼女から「もし軽い感じ(アップ系)で声かけてきてたら(ナンパを)断ってた」と言われたときにはドキッとした。素の自分である誠実系に嫌気が差し、アップ系に努め、「アップ系こそ最強のナンパ方法」と信じてきただけに。本当、ナンパの成否は相手次第だな(・_・)y-゜゜゜

次につなげる手段を得られない(NoTMG)まま別れたが、今後のナンパ活動に活かせそうな情報が得られただけでも収穫だ。

20歳

6.5
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛

[ナンパ日記] 11月10日(土) 5声かけ 1TMG

夕刻、地元駅周辺にて完ソロ

#1 黒のフレアスカート&黒のロングブーツのお姉
服装は筆者のお気に入りなのだが、声をかけて顔を見ると清水ミチコに似ていた。
肌荒れが激しくあまりかわいくない。彼氏グダで離脱。

#2 黒のショートパンツ&黒のロングブーツのお姉
女子高生だったが3年生なのでよしとしよう。これからバイトがあるという。バイト先まで並行トークをしてTMG。ナンパは過去に一回されたことがあると言っていた。工事現場にいそうな格好(=とび職風)の人に。

完全に日が落ち、空が真っ暗になった

#3 派手な格好の中学生x2(画像)
ボディコン(?)みたいな格好と、ミニスカート&ニーハイソックスの二人組が某デパート入口にヒールを脱いでしゃがみこんでいる。夜回り先生だったらまず間違いなく声をかけるであろう風貌だった。顔がよく見えなかったが、ジャージ姿の中学生に手を振っていたりしたので中学生なんだろう。興味本位で声をかけてみる。

するとミニスカの方に「前に声かけたことあるよね?」と言われる。あー、そう言われれば・・・

筆者は人の名前や顔を覚えることには自信がある。そのため以前声をかけたことがある人に、再び声をかけることはいままで一回しかなかった(その時も顔がよく見えなかった。見えていたら声をかける前に気が付いたはず)。確かに何日か前に、ミニスカ(その時はB系だったが)が駅入口にしゃがみこんでいる時にナンパしたことがある。その時は相手が15歳だったので二、三話して離脱したのだが、自分が気付く前に相手から指摘されるとは不覚である。

それでもトークを続ける。ミニスカの方は興味がないのか無愛想に携帯をいじっているが、ボディコンの方はよく話しかけてくる。無論、相手は14歳と15歳(中学3年)なので何もできないが。それに何もしなくて正解だった。

これから30kmほど離れた場所で飲み会をやるという(お前たち未成年だろ)。しかしアシが無いと。

筆者:「君たち、自転車じゃないの?」
ボディコン:「違う~」
筆者:「電車は?」
ボディコン:「金欠で」
筆者:「もしかしてヒッチハイク中か」
ボディコン:「ううん」
筆者:「送ってくれる人がいるんだ?」
ボディコン:「いるっちゃいるんだけど。条件付でね」
筆者:「条件付?」
ボディコン:「『フェラしろ』とか」
筆者:「マジで?」

なんでもそういう"アシ"となる男が20人はいるという。友達づてに知り合ったらしい。
彼女たちはずっと携帯をいじっていたが、そのアシとなる男たちに連絡を取っている(交渉している)最中だった。「(送ってくれる)相手見つかったから」の言葉を最後に別れる。

まさにヤサグレである。

ヤサグレ中学生


#4 スト高なお姉様x2
CanCamに出てきそうな物件だ。逆3という暴挙(?)に出る。笑顔で数分並行トークしたのだが離脱。逆3は疲れる。

#5 グレーのコート&黒のロングブーツのお姉
バス停で声をかける。しかし相手は目を点にして少しでも筆者と距離をとろうと後ずさりしていた。離脱。
関連記事
Theme: 恋愛・出会い | Genre: 恋愛