ナンパ師失格

ナンパした女を好きになるなんて、ナンパ師として失格だ

一日に数人を即マンする人たち

ナンパに興味を持ち始めて情報を調べていると、一日に数人を即マンしているナンパ師がいることに気づくと思います。管理者も彼らの存在に気づくまでに、そう時間はかかりませんでした。ここでパッと思いつく限り、名前を列挙したいと思います(敬称略)。


本当のことを言えば、まだ管理者がまともにナンパとかゲットができなかった時期は、彼らの『一日○即』という結果を「絶対嘘だ」と思ってました。即マンを一日数回だなんて非現実的すぎます。同じ意見の人たちもいるのではないでしょうか。

しかし、不思議なもので、自分がときどき即マンやそれに近い結果を出すようになると考えが変わってきます。イリュージョンにも等しい結果ですが、不可能な数字ではないと思います。もちろん、いまの管理者が試みても、事実上不可能(可能性が無視できるほど少ない)なのには変わりありませんが。

こういうのは株取引やアフィリエイトで、『月○○万円稼ぐ人』と似ていると思います。ほとんどの人は小遣いすら稼げませんが、ごく一部の人たちは一般的な月収(あるいは年収)をひと月に稼いでいます。ナンパもこれと同様に、ほとんどの人がひと月や一年かけてゲットする人数を、カリスマナンパ師たちは一日で達成します。

まるで歯を磨く感覚で即マンしているのには必ず理由があります。カリスマトレーダーやカリスマアフィリエイターと同じく、カリスマナンパ師にも流儀があるのでしょう。

【ナンパコラム】 auの履歴は消しても復元できる?

【ナンパコラム】 Dの携帯は浮気がばれやすい?の関連記事です。

管理者は携帯電話の販売員と付き合いがあるためか、携帯にはちょっと詳しいかもしれません。

メールと電話、どちらの履歴だか忘れましたが、auの携帯電話はそれらの履歴を削除しても復元できるらしいです。電話機に保存された履歴を削除しても、auのセンターには残っているので、Webのメニューからセンターにアクセスすれば、閲覧できるとか。

ナンパ日記 ランキング

軽くネットを検索しましたけど、詳細は不明。普通の仕様として周知されているのか、デマなのか。

au使いのナンパ師の方、レビューをよろしくお願いします(?)

【運営情報】 「ナンパ 研究」のYahoo!検索順位が下落

数日前から確認している現象ですが、Yahoo!で「ナンパ 研究」という単語で検索したときの順位が落ちました。ちょっと前まで一位だったのに、現在では6~7位を推移しています。

この下落の原因には思い当たる節があります。最近、出会い系サイトの記事を書きましたが、それが原因ではないかと推測しています。

【ナンパ日記】 出会い系サイト#01 女の代理登録
【ナンパ日記】 出会い系サイト#02 ノエルに登録
【ナンパ日記】 出会い系サイト#03 会う約束
【ナンパ日記】 出会い系サイト#04 ドタキャン

Yahoo!に限らず検索エンジンというものは、検索された単語について適切に述べているページを上位表示させます。これは検索エンジンの目的を考えれば納得がいきます。

そして、Yahoo!の場合、『検索された単語と関係のない内容』が含まれていると、そのページをマイナス評価する傾向があります。極端な話、ナンパを扱うサイトに転職の記事があるのはおかしいですよね。

ナンパ研究日記のメインコンテンツはナンパです。出会い系も同種のジャンルだと思いますが、Yahoo!の検索アルゴリズム(YST)は『異なるもの』と判断したのかもしれません。

しかし、そこそこ読まれているので、出会い系の記事を削除するのは抵抗があります。下落の原因が他にあるのかもしれないのだから。今後も出会い系の記事を増やし、その結果、さらに順位が下がったら原因が特定されたようなものです。その時は措置を施します。

よって、しばらくは様子見したいと思います。

文章作成はエヌリオでした。

【ナンパコラム】 恋愛に夢見がちな女の特徴

彼氏が欲しい衝動に駆られている女の面倒に手を焼いています。女に彼氏ができるのは時間がかかりそうです。仮にできたとしても続かないと思います。

その理由は、理想が高すぎるから。自分は決してかわいくないのに男の容姿にこだわり、極めて健全な関係を求め、下ネタなど言語道断。どこか、『男女の恋愛とはこうあるべきだ』という自分の恋愛観が強く確立している人物です。

「あの女の求める恋愛は美しすぎる夢物語だ」と滑稽に感じています。

ナンパ日記 ランキング

過去にナンパした女にも、二人同様の女がいました。そして、彼女たちには外見的共通点があります。それは、『髪が黒くて顔が丸型』だということ。むろん、サンプルが三人しかいないので、偶然の域を出ませんが。

恋愛ドラマや少女コミックに影響されているのか知りませんけれども、そういう女なのです。