FC2ブログ

熟女の手コキ

エヌリオ

熟女の手コキ_01

熟女を連れ出して手コキさせていたら警察に邪魔された話。

いろんな性癖(需要)があるんだね

ちょっと話がそれるが、2014年に老女のフェラチオという特殊な記事を書いた。こちらの記事は3年が経った現在でも安定したアクセスがある。

ブログへの検索キーワードが解析できていた時期は「老女 ナンパ」とか「老女 フェラチオ」とか、自分では絶対に検索しないキーワードが並んでいるのを見ていろんな性癖があることを知った。

今回はそれととてもよく似た記事である。閲覧注意ではないが興奮はしないだろう、

車から降りて声かけ

9月上旬の土曜日の深夜、無性にストがしたくなって地元の繁華街に出撃。深夜に出てもウマ味がない(誰もいない)ので一時間だけと決めていた。

繁華街へ向かっている道中、帰宅途中と思われるソロを発見したので路肩に停車して声かけに向かった。

熟女の手コキ_02
スラッとしているという体型でロックオン。顔は見ていなかった。

エヌリオ:「お帰りですか?」
熟女:「ん?」
エヌリオ:「お帰りですか?」
熟女:「ああ、はい(笑)」
エヌリオ:「いやあ、すいません」
熟女:「うん、うん」
エヌリオ:「僕、後ろ姿を見かけたんですけど」
熟女:「あははは」
エヌリオ:「このガウンっていうんですか、すごい似合ってると思って」

このくらいの会話でおよそ10秒。顔は声をかけて初めて見た。「やべっ!けっこうおばさん」と思ったが、ギリギリ行けるとその時の僕の脳は判断したと思われる。

また、おっぱいが大きそうに見えたのも声かけを続けた理由の一つだ(後にそこまで大きくもないことが判明する)。

声かけから3分40秒で車に連れ出す。飲んできた女だった。

1.5時間でチンコを握らせる

エヌリオには酒を飲みたいというアタマがないので、24時間営業のマクドナルドへ行こうとしたら「明るいところは嫌」と言われた。

理由は聞かなかったが、なんとなく察しは付いた。顔の劣化がバレるとか知り合いとの遭遇を危惧しているのではないだろうか。

そうなると行くところがなくなるので、とりあえず深夜営業のスーパーの駐車場へ。

ある程度、話してそろそろギラつこうかと思ったが、スーパーの駐車場では明るいし、人目が気になるので近くの公園へ場所替え。

公園に移動している最中、「今日は女の子の日だから」というニュアンスの話を唐突にしてきた。

出会いがどうとかセックスがどうとか下ネタも会話の半分くらいは占めていたが、特にボディタッチとかはしなかったと思う。手を握ったくらいでは。

公園では若者が若干名いたが普段のことなので気にしない。無人ではないものの、ほとんど真っ暗なのでギラつくには都合がいい。多少のグダはあったが、とりあえず手コキをさせる。声をかけてから一時間半ほど。

ちなみに、ギラついてる過程で熟女のおっぱいがそこまで大きくないことが分かった。むしろ小さいほうかもしれない。チンコをシコシコするくせに生乳は触らせない女だった。

覆面パトカーがやってきた

「今日はダメ、今日はダメ」とセックスはグダがとても強い。

「今日は抜いてもらうだけかなあ」と思いながら手コキを続けさせていたら、一台の車が公園に入ってきた。目配りをしていたら僕の車の後ろに付いた。中から三名が降りてきて赤色のLEDが煌々と灯る。

「あ~、警察だ」

急いで下半身を隠して、パワーウィンドウだけを開ける。

エヌリオ:「(熟女を指差して)未成年じゃないですよ」
刑事:「夜とか農産物とかイタズラされたりするんでパトロールを兼ねて」
エヌリオ:「大丈夫ですよ。おしゃべりしてただけなんで」
刑事:「あ~、そうですか。了解、了解」

僕は数年前に不当な職務質問をされて以来、警察を嫌いになってしまった。たまに警察と会う時も強い敵対心を持っている。

今回の刑事はまあまあ普通の対応でよかった。ただ、運転免許証の提示ではしくじってしまった。

そういう風に指導されているのか分からないが、彼らは免許証の内容を読み上げるんだよね。僕は地元でのストでは偽名を使っているから自ずと本名が熟女にも聞こえてしまった。

あまり気にしてないのか、「名前違うじゃ~ん」と笑いながら突っ込まれただけで済んだが、免許証を出さないとなると刑事の心象も悪くなるし。

アポ(準即)は実現せず

警察の介入により、僕もチンコも熟女も興奮が冷めてしまった。

LINEを交換して解散。

連れ出してる最中はもう一度会うことにも積極的だったのに、ひと晩経って気持ちが変わってしまったか。LINEは普通に返ってくるが、アポはもうできないだろう。

「会えたら会うよ」
「私が会いたくなったら連絡する」
「私はそんなに軽い女じゃない」
「バイトが忙しくて」
「焦らずにお互いが一番ベストな状態で会おうよ」


遠回しに拒否しているのは明白だ。こうやって間接的に断られるのが一番嫌い。きちんと断ることもできないのかね。

結局、熟女の年齢は不詳だったが、結婚適齢期の娘がいることを考えると若くても40代半ばだろう。「50は行ってない!」と強調していたが、49歳かも知れないよね。

半世紀近くも生きてきたんだから、自分の子供くらいの男の誘いなどハッキリと断ってほしい。

・ ・ ・

この記事は当時の気持ちを回想して書いているが、3ヶ月経って改めて声かけ動画を見ると「なんでこんなババアに・・・」と自分の奇行が不思議だ。
関連記事
Posted byエヌリオ

Comments 2

There are no comments yet.
waki  
No title

半世紀以上生きてますが色白でムチムチ!

2017/12/29 (Fri) 17:09 | EDIT | REPLY |   
マサオ  
相互紹介のご提案

「ナンパ研究日記」様

はじめまして。
エロジロウというメディアを運営しているマサオと申します。

この度、参考になるナンパブログを集めた「おすすめナンパブログのまとめ」という記事を書きたいと思っております。

純粋に貴サイトが良いブログだと感じました。
なので、その記事内でそちらのサイトを紹介させていただけませんでしょうか?

そして、可能であればそちらのサイトでもエロジロウを紹介していただき、
相互紹介としてお互いがメリットになる状態にできれば、と考えております。。。

もしご興味があれば返信願います。。。
よろしくお願い致します!


マサオ

2018/10/16 (Tue) 17:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply